最近インターネットでやり取りする人の中でIEでインターネットを閲覧しているという人はほとんどいない気がする。
iexplore 8
ほとんどはFireoxが多くなってきた感がある。

スポンサード リンク

Windows7とIE8

Windows7に入っているInternetexplorer8ですが、基本的には使ってはいないのですが、なんというか、たまにgooglechromeとかFireFoxでエラーが出るようなときに、IEでも試したりすることがある。
しかし基本的に普段利用できるほどの特徴は特にない。基本ブラウザソフトとしての立ち居地位な感じです。

IEが生き残っていられる理由

最近では滅多に無いのですが、一部YahooJapanのGYOの動画コンテンツなどで、IEじゃないと開けないものがあったりするくらいです。というかそこまでしてインターネットexplorerに固執する由縁が理解できなかったりもするのですが。
この動画コンテンツというものが、大抵のケースでは、WindowsMediaplayer等と連携しているものなどで一部あったりする。

この為インターネットエクスプローラーを削除するまではいかなくても、なんだかんだでIEは残っていたりします。
Windows7に最初から入ってはいるものの、IE7からIE8と進化?したはずなのに、そしてWindows7に添付されているIEも大して進化はしていないように思う。

先日ニコニコ動画を見ていると、ニコニコ専用IE等という物で、スピード比較でニコニコ専用IEはこんなにも早いという比較の図や動画が掲載されているものがあったのですが、なんというかそれらの比較のFIREFOXも、googleChromeもどちらもバージョンが一回りも昔の物だったりしたので、比較が聞いてあきれる内容のものだったことは、なんともいえないものでした。

IEは死んだと言われてもなおマイクロソフトはブラウザの地位をあきらめ切れてないし

Internetexplorerは、次のIE9に関する情報もネット上では囁かれてはいますが、せめてタブブラウザの使いにくさ位は快適に向上させてほしい。
見にくい・扱いにくいIEのタブブラウンジングの機能はほとほとうんざりなのです。
閲覧スピードや起動速度も、早いところほかのブラウザの水準に追いついてほしいものです。