炎上マーケティングとはインターネット上の炎上(騒動)を用いて集客を集める方法。
fire
最近ではソーシャルメディア人口が多いため、炎上しやすい環境がインターネットでは整っている。
これをマーケティングに使えるのか?ということについて解説。

炎上マーケティングの効果

炎

マーケティング手法として民間企業が取り入れることは無いのが、『炎上マーケティング』だろう。
基本PV数が集まる事で被リンクや閲覧者増加が見込めるのですが、
これらはマイナスの意思による集まりで、極端な事例DOS攻撃てきな高負荷になるだけであり、他の閲覧者の妨げになる事例も考えられる。
現に炎上したサイトがサーバーの転送量を上回り、閲覧不可能になることは多い。

背水の陣

コンテンツマーケティングなどと異なり炎上マーケティングを自在に仕掛けて成功している事例は少ない。
まとめサイトのような誰が著者なのか隠して運用しているサイトなどでは
たまに釣る気満々で炎上している事例は見かける。
最近では、twitterなどで炎上ネタも沢山あるので
それに油を注ぐような事例もしばし。
もし、炎上を仕掛ける場合には
会社を倒産させたり、
執筆者の人生が傾いてもよいのであれば、
炎上をネタに使って画策するのは、ありかもしれませんが
普通はお薦めしません。
リスク

    炎上のリスクとして

  1. 写真が転載されること
  2. WEBサイトの記録がスクリーンショットや、魚拓などで残される。
  3. 大量に記録がコピーされる(複製される)
  4. 時には個人情報も特定されたりもする。

これらの対抗策として普段のインターネット利用においての危機管理が足りない人だと炎上するとオフラインの生活にまで支障が出ることもある。

炎上マーケティングで成功している事例?

普通は芸能人だろうとブログ疲れやTwitter疲れがささやかれる時代であり、ファンとの相互の情報のやりとりがでるwebサービスにおいてはコミュニケーションだけで疲弊する事例が多い。
一般的には有名人などの方が認知度がインターネット上でも大きいため、Twitterなどで罵声リプライなどを多くうけることで辞めたりする人が多い。
しかし中には強気な人も居る。
炎上上等!な「ステーキけん」井戸実社長の発言まとめ

この人は割とキャラクターでやっているのか解らないのですが、炎上マーケティングな感じが強い。
バカッターをしている学生と異なり
意図して噛みつかれるツイートを行っているように見える。

炎上した後

炎上すると、中小のニュースweb媒体に取り上げられることも多く注目は集まりますが、良い印象は残らない。
最近では、被リンクやインターネット上のネガティブな書き込みもある程度履歴や価値基準の範囲とされたりするので、
マイナスな要素で被リンクが増えすぎるのは、好ましくないと思うのでした。
それでも一時のPV数欲しさに炎上を好んで仕掛ける人が多いの痛いインターネット事情だろう。

同様の単語
バイラル・マーケティングとは

ステルスマーケティング

コンテンツマーケティングとは

子供の貧困を取り上げたNHKの嘘番組 PC買えない⇒キーボードだけで練習⇒部屋には高価な画材が…