リスクがビットフライヤーで取引開始発表。
これまで価格が不自然に上がりすぎていた。
ビットフライヤー関係者インサイダー出来まくり。

話題の投稿を見てみよう。


仮に先に仕込んでおいたとしても、今更どや顔きめてTwitterで公開しても一円の得にもならないと思うのですがなんなんでしょうね。

問題点

インサイダー取引が跋扈していたら勝ちにくい。
特定の情報を共有している人たちだけが設ける仕組みがまかり通る事となる。

仮想通貨取引ならどこの業者の口座が良いのか?ビットコイン等の口座はここがお勧め

ネタ元

LISK側がTwitter内でミーティングしてる写真を昨年アップロードしていて日本と書かれていることから容易に想像がつくこと。
ただこれって相当問題が根深い気がする。
同様の「情報」共有して買いあされば、相当利益チャンスが転がっていそうだ。

今後

仕手集団とか相場師が闊歩しはじめたら阿鼻叫喚の地獄産業になる。
規制されるまでが儲けどきと大量にイナゴが発生しそう。
現に元々ビットコインに興味ないと語っていたはずの人の影も最近見え隠れするようになってきている。
今になってヨザワ氏が出てくるあたりで昏迷は深めそうなジャンルだと言える。

文字「仮想通貨なんてインサイダー取引放題」
いまさらビットコインが投機とかいう記事が出ていて失笑