インターネットを使うことは2013年度の時点では

  • パソコン
  • 携帯電話
  • 各種ゲーム器
  • などのハード(端末)で行う事が可能だ。
    次世代の機器では時計型や眼鏡型の端末が開発されている。
    AR(拡張現実)の技術が高度化すれば、今後は従来創造していなかった端末が出てくる可能性も在る。
    インターネット:カテゴリーの記事

    通信インフラも増えた

    Wi-fiとというインターネットにアクセスする、無線通信は、意外とスポットエリアは増えており、コンビニエンスストアなどのエリアでもそれらの機器でインターネットにアクセス可能になってきている。今後もこのようなエリアは増えていくだろう。
    元々2008年くらいのスマートフォンが出てくる以前はモバイルサービスは遅かった。無線スポットもかなり限定的なサービスばかりだったのだ。
    携帯電話の通信網も急激に高速化しており3G→LTE→次世代モバイル端末の規格は数Gという速度らしい
    2020年東京オリンピックまでは過渡期としてインフラ整備が更に進む可能性もある。

    しかしインターネットへのアクセは多様になってきていても倫理観やルール尊守、リスク管理が出来ていない人が実に多い。
    このままだと『バカッター』や『やんちゃな若者』という程度ですまないレベルになってきている。

    危機感があまりにも学校や家庭環境においてなされていないのでは?と感じることが多い。
    アルバイトによるバイトテロなどという皮肉で呼称されて出てきてはいるものの、それでもあまりにも2013年夏のバカッターなどの一連の炎上から考えられる現象は致命的な要素があるように思う。
    インターネットリテラシーが皆無な世代
    インターネットネイティブと称えるかのような言葉があったが、オールドタイプよりも劣化版だった様子なので色々とインターネットの危機管理方法をまとめてみたいと思う。
    インターネットで行うコミュニケーションの特徴。

    ぬふふ.com 「インターネット」の記事一覧