サイバー攻撃というと一般人には関係ないかなと思っているそこの人がいることで
国が転覆しかけようとしている。

一般にインターネットとか紙媒体の情報を
疑わない受動的な人程ホイホイ乗っかるだけなんでしょうけども。
2016年12月22日 4時41分のNHKのニュース記事より

サイバー攻撃手法が多様化 警戒強化を 公安調査庁

12月22日 4時41分

公安調査庁は、ことしの「内外情勢の回顧と展望」に初めてサイバー攻撃の項目を設け、近年国内外で相次いでいるメールアドレスやパスワードなどの個人情報の流出は、背後に国家の意図がある可能性も否定できず、流出した情報に基づいた先端技術や機密情報の不正取得につながりかねないとしています。

サイバー攻撃という一昔前だと サイトの改ざんだとか不正に乗っ取って迷惑メールのspam送信の踏み台にされるなどでしたが、
最近ではもっぱら情報の奪い合い、盗み見ることでの見えない影響が不安視されている。

個人情報の流出⇒背後に国家の意図がある可能性も否定できずこれは韓国とかの事例がまさにそうだろう。

  • そもそももんじゅの情報を送信させる意図が一般人では考えられない。
  • 一般゜企業でもそういう所の情報の用途は無いだろう。

  • 中国企業のセキュリティーの穴なども同様に政治の意図が隠れて居そうだ。
    既にアメリカや欧州からは名指しでいくつかのメーカーの製品の使用禁止の通達が特定の政府機関に対して出ていたりする。
  • 日本はLINEを上場させたり
    ソフトバンクは韓国にデーターサーバーを増設したりしているので危機管理能力はゼロだと言える。

    中国による沖縄独立の動き

    このほか在日アメリカ軍基地が集中する沖縄県をめぐり、中国の大学やシンクタンクが、沖縄の独立を求める団体の関係者と交流を深めているとしたうえで「中国に有利な世論を沖縄でつくることによって日本国内の分断を図る狙いが潜んでいると見られる」と注意を喚起しています。

    情報戦に関しては、中国に有利与論とか作りようがないだろう。
    沖縄が独立したらそれこそ、チベットとかウィグルの二の舞になりに奴隷もとい
    「人」未満の侵略が始まるだけである。
    沖縄独立⇒武力が無い⇒侵攻に対して全裸待機⇒乗っ取られる。

    外国人運動家

    これは散々 日本人ではない活動家の反対意思表明がちらほら垣間見えていたが、
    いまさら問題視することではないだろう。
    外国籍の旅行者などが日本でデモなどの抗議活動を行うことは日本では認められていない。

    日本で抗議活動することは、外国人には認められていないのだからパスポート提示されて旅行者だと判明したらとっとと国外につまみだせばいいものをと思ってしまう。

    中国人が増える⇒民族浄化⇒その土地に住んでいた人絶滅⇒中国人だけが反映⇒乗っ取られる。

    中国が「中国産OS」開発の謎

    中国産と韓国産は危険
      インターネット利用の際に注意しておきたい重要な要素として

    1. スマートフォンでもセキュリティーソフトは入れておく。
    2. パソコンでもセキュリティーソフトは必至
    3. 更新が必要なソフトは更新して最新のものにしておくこと。
    4. 中国産のメーカーやソフトは使わない。(百度・シメジ等)
    5. 韓国産ソフトやメーカーは使わない(サムスン・LINE・GOM Player等)

    中国産は、中国政府の許可が無いと運営できないインフラであること。(Googleは中国政府の指示に耐えかねて中国から撤退した経緯がある)
    韓国産は政府関係者が傍受していると主張していたことからも
    普通に考えても使う人は愚かである。