インターネットで被害に会う可能性はインターネットを利用する人であれば誰にでも起きる物事です。
これらの被害にあった場合の対策方法などについて紹介します。

  • フィッシング詐欺
  • 出会い系サイト
  • 振り込め詐欺
  • 他にも各種インターネットで詐欺的な行為は蔓延している。

    フィッシングなどのなりすまし悪質メールは全然減っていない

    先日もフリーメールにAmazonを装ったサイトからメールが届いてた。
    銀行やブランドサイトを模倣した偽サイトも一向に減っていない。
    対処できるか否かはネットを利用するあなたの知識に左右されている。

    通販トラブル:金銭の搾取など

    通販など金銭の被害にあったら消費生活センターに一先ず相談です。
    http://www.caa.go.jp/globalnavi/damage_a.html

    犯行予告

    「いつコロシテヤル」などの危害を加えると宣言した書き込みやメールなどについては、自分が住んでいる最寄の管轄の警察に相談です。
    時間・場所・犯行内容・書き込まれたりメールを送られた回数など幾つかの要素で緊急度や対処方法が異なってきます。
    不安なだけでも、生活安全化に相談員がいたりするので、最寄警察署に相談するのが無難です。

    予断

    LINEも危険だと考えられる。
    オンラインストレージは監視(検閲)されているのか?


    I/513L0kKyaqL._SL500_.jpg” alt=”インターネットの法律とトラブル解決法” align=”right” border=”0″ />

    インターネットの法律とトラブル解決法

    平成20年の日本におけるインターネット人口は1億人を突破したと言われており、日常生活や企業の活動で不可欠のものとして利用されいます。しかし、その隆盛とともに、ネット詐欺などのトラブルも激増しています。こうしたトラブルの解決にはネットに関する法知識が不可欠。本書はさまざまなネットトラブルの事例をとりあげて問題点を解説するとともに、インターネットに関して定められた法律についても総解説しました。

  • 著者: 神田 将
  • 出版社: 自由国民社
  • 発行日:2009-10-01
  • インターネットの法律とトラブル解決法