法律相談は弁護士の仕事だ。
インターネットのトラブルは、年々右肩上がりで増加しているようだが、
消費者庁ができたり消費生活センターが出来ているとはいえ、
法律のことになると最後には弁護士と民事ということになる。

安心の法律相談先とは?

この際弁護士を誰に相談したらいいのかというのは素人眼には判断できない。
公的な機関に法テラスが存在する。
弁護士協会が関わっているので安全は問題ない。

  • 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ
    http://www.houterasu.or.jp/
  • 要点

      特徴としては、

    • 各都道府県に存在している。
    • 年収(月収)が一定に満たなければ、30分間の相談が無料で受けられる。それ以上の場合や時間延長の場合は有料(数千円程度)
    • 相談内容によっては日時が指定されていることがある。
    • 別に弁護士や民事事件化を進めるわけではないが、被害額が明確だったりすると大抵弁護士案件になる事例は多い。

    下手な誹謗中傷対策などのサービスを頼るよりは健全だ。
    しかしインターネットサービスの利用においては、結構日本では進んでいないことが多いのでグレーな面が存在したりもする。
    対策も万全では無いので普段からインターネットとの付き合い方はリスクを正しく理解したうえで利用することを心がけたいものです
    中学生にスマートフォン持たせている親は自分の子供がYouTubeなどで罵倒コメントを書き込みまくっていることを知らない場合は事件化したあとでは手に負えなくなる可能性もある。