ポイントサービスのポイントを現金に換金が出来るwebサービスが、幾つかあるので紹介しよう。

ポイントの換金の仕組み

  • Aというポイントサイトで貯めて⇒換金
  • Bというポイントサイトで貯めて⇒C社のサービスにポイントを映して⇒換金
  • これはC社に その他のサービスからもポイントを移行してまとめることが出来ると換金のしやすさが有る。

    PEX

    PEXは手数料が安いポイント⇒換金サービスだ。

    ポイント交換のPeX   ポイントを換金、電子マネーやマイルなどに移行
    PeXポイントを貯める(ショッピング、アンケート、アフィリエイトなどから交換)

    様々なwebサービスからPEXにポイントを集める事ができて、楽天銀行に出金するのが最も手数料は安いしリアルタイムで換金可能だ。。

    ネットマイル

    お得なポイント交換所ネットマイル| ポイントを現金や電子マネーに交換!
    www.netmile.co.jp/
    GETmoneyや、ハピタス、gooポイントからネットマイル交換可能。
    ネットマイルから現金に換金できる。

    ここから下のポイント換金は換金率が非情に悪い。

    楽天市場

    楽天市場のポイントは基本楽天内で使い切った方が良い仕組みのポイントだ。
    原則ポイントは現金に交換できない。
    楽天ポイントは換金不可能ですがアフィリエイト報酬で付与される楽天キャッシュは換金可能。
    楽天キャッシュはアフィリエイト報酬としてもらえるポイントの換金率は悪い。

    換金の手続きには換金額に対して10%の手数料+消費税がかかるため、10.5%差し引かれる。

    同系列の楽天銀行なのにこの換金レートは悪すぎる。
    楽天ポイントのキャンペーンページ

    Yahoo!Japan

    Yahoo!ポイントの換金率悪い
    http://points.yahoo.co.jp/exchange/
    Tポイントとの提携以前はどういうレートだったのか忘れたのですが、2015年2月時点では低すぎる。
    15%失う換金率である。
    楽天市場よりも酷い。

    他の換金できないポイント。

    日本の法律か何かで一度金券を購入すると換金は出来ないという仕組みがある。
    アマゾンギフトカードなども換金することは出来ない。
    こういう他社サービスも存在していますが⇒アマゾンギフト券の買い取り

    webサービスのポイント系のサービスでも、ウェブマネーやBitcashなども換金できない原則に基づいている。
    ただ最初に説明した換金が可能なポイントは、最初にポイントを購入していないことが前提として設けられている。
    Bitcoinなどのようなサービスが普及すればもうすこし期待できると思いますが現状ではインターネットの通貨を換金可能なサービスは少ない。
    アンケートサイトでポイントを貯める⇒現金や様々なポイントに交換
    coincheckのバナー

    coincheck

    amazonで【女性限定】3%ポイント還元 という、『女性の毎日応援ストア』