楽天モバイルは、SIMだけの契約でスマートフォン端末は既存のお持ちのスマートフォンのSIM差し替えで格安でスマホを使い続けれるフリーSIMのサービスです。
最安値のプランは、:月額525円から~

楽天モバイルのサービスプランの例

-楽天モバイル 通話SIM ベーシックプラン
 -楽天モバイル 通話SIM 2.1GBプラン
 -楽天モバイル 通話SIM 4GBプラン
 -楽天モバイル 通話SIM 7GBプラン

月間の通信データ量で月額料金が異なるため、最初に利用する月間のデータ量を選択を間違うとちょっとデメリットが生まれます。
最初に自分がスマートフォンでどの程度使っているのがデータ量を計測してみることをお薦めします。
※使える月額データ量の限度を使い切ったら制限が入るだけでまったく使えなくなるわけではない。(ただしこの場合は、通信速度が200kbps(理論値)と言う速度しか出ないため快適なブラウジングは不可能。)

楽天モバイルの回線品質は?

楽天モバイルで使用する回線はdocomoの回線網です。人口カバーエリアもドコモと同じであるため不便はないと考えることができます。

楽天でんわとは

楽天でんわとは番号そのままで通話料を半額にするお得な電話アプリです。
携帯電話の番号はそのままで、通話料金半額にするサービス。
携帯電話会社の通話料金が30秒20円だったとすると10円ですみます。
(通話料が30秒20円(税別)のプランを携帯電話事業者と契約中のお客様の場合(国際通話を除く))
月額基本料0円使用した通話料金しか発生しません


【WiMAX2+新端末登場!】WiMAX2+なら家でも外でも使い放題 UQ-WiMAX2+

楽天でんわのその他のメリット

楽天でんわを100円分の使用で、1ポイントの、楽天ポイントが付与されること。

本の通販

前人未踏の楽天「全解明」―週刊東洋経済eビジネス新書No.18

前人未踏の楽天「全解明」―週刊東洋経済eビジネス新書No.18

ネット通販の登場で「買い物のあり方が根本から変わった」と言っても過言ではない。
IT活用のマーケティング理論を駆使し、新たな買い物市場を創出している。
 とくに日本最大のインターネットショッピングモールである楽天は、1997年5月に13だった店舗数が、現在は4万を超す規模にまで成長。さらに約40の多様なサービスも抱えた「楽天経済圏」を介する、世界でも例のないモデルだ。

  • メーカー: 週刊東洋経済編集部,鈴木 雅幸,松崎 泰弘,石川 正樹,長瀧 菜摘,二階堂 遼馬,平松 さわみ,山川 清弘,山内 哲夫,大村 善久,中野 法子,川崎 聡,小林 由衣
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • 発行日:2013-07-10
  • 前人未踏の楽天「全解明」―週刊東洋経済eビジネス新書No.18

    楽天ではなぜランチがタダで食べられるのか: 社長も社員も得する経営・節税ノウハウ

    楽天ではなぜランチがタダで食べられるのか: 社長も社員も得する経営・節税ノウハウ

    会社の経費負担を増やさずに、社員の手取り額をあげる方法があった!
    中小企業でもできる、従業員満足度をあげるための裏ワザ。
    所得税や住民税をただただ支払い続けるのは、もったいない。
    上手に節税すれば、有能な社員をもっと獲得しやすくなる。

  • メーカー: 中島祥貴
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • 発行日:2012-12-07
  • 楽天ではなぜランチがタダで食べられるのか: 社長も社員も得する経営・節税ノウハウ