綿毛
バイラル・マーケティングとはウィルスのように知らないうちに拡散して広がっていくマーケティング手法。
主に口コミなどで人から人へと伝播されていくことが狙いで、低コストで運用できる可能性が期待されている。

バイラル・マーケティングの語源

Unleashing the Ideavirusの本のタイトルを日本語版の置き換えが
バイラル・マーケティングだったことから日本では普及したと紹介されている。
参照:http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0503/13/news007.html

SNSの普及とともに拡大

ソーシャルメディア(ソーシャルサービス)が、元々日本でもブログサービスや、Mixiなどが存在しましたが、2008年にiPhoneが発売されてそれ以降にスマートフォンの普及が広がり、あらゆる年齢層のインターネット利用や接続時間が増えたため、twitter・facebookなどを代表としてネット上での口コミもさらに機体されるようになった。
逆にステルスマーケティングのように、評価や実態が無いのにも関わらず閲覧者を騙したり・嘘の情報を伝播させようとすると痛い目にあうこともある。

増えるマーケティング手法

近い・類似の発展型ののマーケティング手法としては
コンテンツマーケティングが機体される手法。
「ECサイトなんか無いので、ホームページに力を注ぐのは意味が無い」と
考えている経営者は、もうそれだけでセンスがないと思います。
土台が無い状態からバイラルを発生させることは、
ヒット商品が始めに存在していないと成り立たない為
集客できるコンテンツをマーケティングの素材として補強することも必要になってきている。
他社が、圧倒して存在していない今だからコンテンツに力を注ぐべきポイントは多い。