Youtuneは、GOOGLEアドセンスで稼ぐのが一般的な方程式です。
アドセンスが取得できない人は、収益化は相当ハードルが高い※集客には利用できるかもしれませんが、導線は弱い。
ここでは以下にして動画サービスのユーチューブを収益化させれるのかについて解説します。

Youtuneアドセンスの収益の打ち分け

皆さんが気になる事はあのユーチューバーの収益は幾らなのか?という事でしょう。
先に収益に関しては、ここで解説するとします。
Youtuneアドセンス収入=動画の再生回数×0.1%
稀に1%近い数値で稼ぐ人もいるらしいのですが、これはクリック単価による誤差だと思われる。
良くても0.2~0.3%程度で時期によっても大きく異なる可能性が高いです。
再生されれば収益は発生されるとしている。(←実際にはGOOGLEしか知らない)コンパーションなどは不明。

何万回も再生される動画

短期間に何万回も再生される動画というのは名前も知られていない、チャンネル登録者も少ない動画投稿者が早々稼げる再生回数ではない。
1年たって1万回稼げる動画が出てくればいい方である。
再生回数が稼げる動画⇒時事ネタ・炎上ネタ・ニュース等

猥褻はNG

基本的に猥褻なのはNGです。
小中学生の子供の動画を投稿しているらんちゃんねるが動画投稿休止して長い異なりますが、あーいうことする親は相当人でなしだと思います。普通に社会的に罪に問われる可能性が高いです。
FC2アダルトと比較するのは問題が居ですが、アダルトに走るのはバカです。一生Youtubeに動画投稿すんなよと思います(※数年前まではYoutubeにも普通にアダルト動画が普通にアップロードされている時代も有りましたけども・・・)

キッズ使うのはリスクが高い

幼児から小学校低学年の動画をアップロードしている屑親が多い。
小学校低学年までなら自発的に嫌だということは無いかもしれないがペットと同じようにWEBで動画をアップロードして現金化されている様は痛々しい。
例えばアルバムのようなものを世界に対して配信していることと差が無い。
これは10年後大きな問題・革質になると予想される。親子喧嘩ヒャッハーだ。

長期的に稼げる動画
  • 完全在宅で取れる動画
  • 自分だけで撮れる動画内容。※他人に頼る動画スタイルは維持するのが困難
  • 自分以外の権利に触れない動画(肖像権・BGM・画像などの著作権に触れない動画)
  • 時流に左右されない再生回数。(コンスタンツに過去動画も一定回数で再生されること)
  • これを満たせない人は消える。

金髪起業家ヒカルに関しては元々がサギ臭い印象が強いので、度外の最悪の存在。
亡くなったった人を、適当なネタにするシバターも同様