カネマン動画の「架空請求業者から仕返しを受けています。」という
動画内容について流石にあり得ないかなと思える要素が多すぎる為、
想像できる状況を記載する。

該当の動画


自宅凸する架空請求業者や、フィッシング詐欺業者がいるのか?
これについては、悪徳業者が自宅訪問する可能性についてマズありえない。
かねまんの住所とかなら過去散々やらかしているので、特定できるかもしれませんが、訪問する交通費だけで赤字だろう。

普通だと悪徳な商売している人が自宅に訪問する時点で110番したら自分の首絞めることになる。
警察呼ばれて困るのは訪問した人だけなので、
普通に考えたら頭がおかしい人以外は行かないだろう。

あるいは閲覧者の変な輩がホイホイ凸する可能性の方が高い。
当然業者を語って、かねまんを驚かす意味でのリア凸の可能性も高い。
若しくはカネマンの今後の動画の為の自演仕込みネタという可能性も考えられる。

考えられる業者ができる仕返しの内容

音声撮影された架空請求業者は、
肖像権侵害で通報する場合にはYouTubeに通報するのが無難で安パイ。
弁護士に相談して内容証明送ったりは、現実的ではないと思うので、動画の削除申請とかする程度しかやり返すことは出来ないだろう。

からかう動画を撮影するのはアウト

ただし釣り行為とがジョーク動画を撮影するのはアウトである。
いつだったかのテレビ局がやっていたようなことを模倣したとしても、一般人が釣り行為をしようとしても
万一変な馬鹿が仕返しに来たら手に負えなくなる。

同時期にたむちんも同様に父親にフィッシングサイト使わせて電話かけさせる動画を投稿していたりしたが、
あーいう行動わざとさせるのって注意喚起にもならないしネタにするにしても、悪徳な行為している輩の無駄な恨み買うだけなので
良いことは何もないと思う。
他人の犯罪行為をからかってでも、再生回数を稼ごうとするのは、好ましくないし
当然無断録音の音声を勝手にネットに公開するのは、人として駄目だろう。

違法行為を録画・録音するのは証拠保全の意味では有効ですが、ネットに無断公開して収益化するのは、悪徳業者と何も根底はかわらない。
ノエルとカネマンの関係