小学生ユーチューバーの末路

やらかした小学生は「瞬殺のコルバルト kolubaluto」というチャンネル名だったアカウント。
小学生ユーチューバーが住所公開するという暴挙にでた結果

  • 学校特定。
  • その他諸々。
    インターネットは、オツムが幼い子に使わせてはいけません。

    被害

    結局これって本人が、どうこうではなく
    親とか学校とか周りに被害が及ぶだけだ。
    親の教育の問題だとか、保護責任だとか
    色々と議論されるべき点は多いが
    小学生にインターネットとか、カメラとかホイホイ渡すなよと思う。
    リアルの生活に支障が出たりしても親の責任だし、
    学校に迷惑電話とかが来ても責任追及は先ず親にいくだろうし。
    子供が怒られて終わりという問題ではない。

    該当チャンネル

    瞬殺のコルバルト kolubalutoというチャンネルだったようですが
    直近の動画だと、乗っ取られた模様。
    現在はすべての動画を削除しているようだ。
    瞬殺されたのはユーチューバーの方というオチである。
    どちらにしても、小学生にインターネットと、動画撮影できる機材渡して自由にさせていた親はバカにしか思えない。

    特定・炎上よしないために

    1. 顔出ししない。
    2. 動画生配信はしない。
    3. 部屋の構造がわかる画面アングルで撮影しない。
    4. 私物は極力映りこまないようにする。
    5. リアル知人に動画アップロードしていることを教えない。

    これらに気をつけていてもバレル可能性は残る。
    万全を期すには、動画をアップロードしないことが良い。

    ホリエモン×ひろゆき 常識を疑えば世界が開ける