ユーチューバーの一人である、ぷろたん日記のネタ動画が酷いw
友達が本気で「Youtuberになりたい。」という内容のタイトルの動画が笑

【ガチ話し合い】友達が本気で「Youtuberになりたい。」と言ってきた。 ※途中でキレる


会社に素性がばれている ヤマシタくん

「マジでYoutuberになろうか考えてる」と
「もたねぇのかよ」
と「なめてやがる」とかwww

どれだけが満足して生活できるのかは一握り。
企画とか編集とか 自分でやっているぷろたん

ヤマシタ君は一人でできるの?と

社会人は1からすることは決まっている。
ユーチューバーは、ゼロから1をつくらないといけない
良かれと思っても めっちゃ叩かれたりする。
『わらってんじゃねぇよてめぇまじで』www
『手伝ってもいいけどやましたくん一人でこれから出来るの?』と

「すきなことしてないもん」
「生きるためにやってる」と
「ユーチューバーとか無茶して生きていく」と
「腹くくってやってるからいつ終わってもいいと思っている」と
ずっと笑ってるwwwwwwヤマシタクンwww
我慢していた笑いが噴き出してるしwww
オチ
「今回の話自体嘘です」

ユーチューバーの成功事例から考える。

ひとまず社会人からユーチューバーというと
ひかきんはコンビニのレジ打ちか品出しから
youtubeで大ヒットの成功事例でMCN筆頭に荒稼ぎした事例ではあるのでしょうけども
時流にうまく乗っかったパターンだろう
反対に情報商材やからゲーム配信⇒動画投稿者になった
金髪起業家がいたりするのも黒い業界ではある。
基本的には動画を作成してアップロードして、アドセンス広告主流で収益化して報酬を得るYoutubeという媒体ではありますが
大ヒットした人程MCNっぽい集団組織づくりに走る傾向が見て取れる。
ヒカルゲームスというユーチューバー事務所立ち上げ?

最近のユーチューバー

若い女性の動画投稿者が目立つ
女子高生の動画投稿者だったり
どこかの企画が絡んだような動画など
投稿者の種類は年々増えてきている。
可愛い系の配信者だけでなく、メンヘラ系な人や太った人、自虐的な人など実に様々だ。

今後の動画収益化

Youtubeなんて再生している人の大半は10代だろう。
アドセンス広告はクリックされれば収益はぴよーんと上がる可能性があるが果たしてコンパーションにどの程度繋がっているのか謎だ。
もうちょっと動画広告が多様化してくれればいいものの
YoutubeRedのようなプランは日本では開始されていないし未知数な面が大きい。

今後ユーチューバーになるという人を、
進んで送れる媒体かどうかというのは、
今のところブログで食っていくというのと対して差は無いと思う。

前ページ: