当方が、仮想通貨取引所のcoincheckを利用していなかった理由は1つある。
他の取引所で開設するのよりも一手間が面倒くさいのだ。

面倒

coincheck-IDセルフィ―が必要
coincheckのIDセルフィ―登録画面

ビットコイン取引所 coincheckIDセルフィ―ってなんぞやと思った。
他の仮想通貨事業者でこういうのが必要な所見たことが無かったので面倒だと感じた。
ここから先登録していない。

coincheckは元々不信な点が多い?

今調べるとcoincheckを進めることが出来ない理由は数々ある。

  • 仮想通貨交換業者としての登録が澄んでいない事。(殆どの有名仮想通貨事業者は昨年中に承認が下りている)

coincheckの利用価値

購入するためだけであれば勧める人もいる→売買は他の取引所で行うなど。
取り扱い通貨も豊富なので開設したくなる導線は多い。
しかし今後のこと考えると難しい気がする。

今後の仮想通貨取引所
  • GMOも仮想通貨取引には意気込んでいるし※GMO coin
  • DMMも仮想通貨取引始めたので今後も拡大するだろうと予想される。
  • Zaifも割と知名度は有る。
  • ビットフライヤーはお得な感じがしないのであまり気乗りしない。売り買いの差額が大きすぎるため。+トラブルも多いイメージがぬぐえない。
    bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!

海外の仮想通貨を売買しているサービスの方がスプレッドなどでお得度は高いのですが英語に強くないとお勧めできません。
NEM騒動が起きたとしても今の日本の仮想通貨ブームは衰えることはないと予想される。
万一ここから数日から何週間も下落したとしてもまだ即吹き返す可能性が高いと思える予想が多い。
通貨取引所コインチェックのNEM騒動

  • 前ページ:


Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】