ワイマックスとかモバイルだけでも3G回線とか、
無線LANの種類だけでもaだの色んな企画があったり
wi-fiとか
無線LANのカードだけでも、IEEE 802.11b とかgとか 規格が分かれていたり。

規格名称だけでPCハードの中身もあわせると、規格と配線で種類も数もかなり豊富なことになる。
ネットの通信に関する規格まで色々で、もうようわからんのですが、ひとまず気になったものがあったので、、

スポンサード リンク

無線のサービスについて

何で無線LANに興味をもったのかというと、

  1. 自宅回線で何かしらのトラブル等でネットが接続できなくなると血の気が引くのですorz。
  2. 無線サービスを契約したくても毎月のコストが気になるところ。
  3. 実際の速度がどの程度出るのかもかなり気になるところなのです。

WiMAX ワイマックスて何なのさ

http://ja.wikipedia.org/wiki/WiMAX
無線通信技術の規格のひとつとのこと。
UQ WiMAXは、この無線通信技術を使ったサービスらしい。

無線サービスとかモバイル通信で有名なところは、ワイマックス イーモバイル といったところでしょうか?

イーモバイルの無線接続サービス

pocket Wi-Fi(ワイファイ)というやつらしい。
http://emobile.jp/pocketwifi/
下り最大 7.2Mbps 上り最大 5.8Mbps

と想像していたより最大値が、低い・・・。

イー・モバイルのデータ通信カード(Wi-Fiとはサービスは違う)だと、
下り最大42Mbps 上り最大5.8Mbpsと wifiよりは最大くだり速度の値は高い。

ほかにもドコモとかソフトバンクの無線サービスとか、公衆無線LANとかetcなサービスで利用できるものはあるのかも知れませんがひとまず。

ワイマックスVSイーモバイルの比較動画


たまたまyoutubeで見かけた動画ですが、
ワイマックス万歳。イーモバイル・・・・

無線LANで室外で20M出るということであれば圧倒的に、ワイマックス契約したくなりますが・・・。
まぁ一重に都内でも、場所によっては速度はばらつきはあるんでしょうなぁ・・・

他はもう見る気はないです。

ワイマックスが料金形態が定額プラン以外にも、
日毎で月額380円~で最大月4980円のプランがあるので、契約しても損はない気もしたりする・・・
ただまぁ月額プランが3800円あたりからあるので頻繁に使うことがあればそっちでいいのかとも思う。

http://www.uqwimax.jp/

固定回線までも、Bフレッツが普及地域でも契約数が3割とのことで、従量制導入してでも月額価格を下げるといったサービス予定の展開を打ち出しているらしいですが、
無線接続サービスの料金体系だけは、携帯みたいなわかりにくい料金体系とサービス内容等にはならないでほしいと願うのみなのです。
まぁサービス提供会社が増えていくと混乱する気はしますが。

公衆無線LANサービス

昔からあるものだとSBのSB無線LANスポットが一番見かけやすいものですが(マクドナルドにステッカーが張ってあったりするので。)
最近では駅構内等にも無線LANサービスがあったりするので主要なところではアクセスできるようですがこれだけだとアクセスできる場所は限られる。
利用可能な店舗などがないとまったく効果が得られないといったデメリットがでかい。

等と思っていたら

規格としてはLTEなどが存在するらしいです。

Long Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)で略してLTEらしいのですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/Long_Term_Evolution
2010年サービス提供開始予定となっていますが聞きませんね・・・
何でサービス開始遅れているんでしょうか。

下り方向100Mbps以上で上り方向50Mbps以上となっているのでこういった次の世代の規格が提供開始されて普及したら、それこそモバイル環境は目覚しく変わると思うのにとおもったのでした。