個人でコンテンツマーケティングするには幾つかの要点が存在しています。
ここでは、コツとノウハウについて紹介します。

『コンテンツマーケティング』とは
記事や写真・動画などで情報発信することで、集客したり宣伝する方法のこと。
コンテンツマーケティングとは?

個人のコンテンツマーケティング

「個人」に対する物は『組織』だ。
会社組織等が代表格の他、個人でも複数人のグループでWEBサイト作成や動画アップロードなどを行う人も少なからずいる。
個人だと1人で作成するため労力が限りがある事に対して
複数人で作成する組織と比べるとどうしても物量で劣る。

    個人が作成する場合には外注を駆使することでも分散することが可能ですが

  1. 資金力
  2. 発注する手間
  3. 精査したり編集する作業
  4. 多数発生するため限界値は必然と発生する。

ポイント
ココナラやシノビライティングなど 記事作成など専門スキルが無くても多少集まりやすい作業は容易に外注できる
動画作成などは、発注するには限界がある。

個人の情報発信の価値

ブランディングなどと言われるが「収益化」だけであれば
「個人」が目立つことは必ずしも必要が無い。

バーチャルユーチューバーなどが良い例だ。
中の人がだれかわからなくても支持を得ることは出来る
のらきゃっとという動画投稿者が中身の人が顔バレしたことでも、実際個人がどういう人なのかはあまりインターネット上では重要な要素ではないと思えてしまう。

ラファエルというユーチューバーの素顔について
普段から顔を隠して動画投稿する人は検索すると意外と多い。
流石に鼻マスクとか
鼻絆創膏して卒業アルバムをインターネット上に投稿してバラされる人までいるのは悲惨な事例ですけど。
顔バレや元同級生などの情報流出は痛い物が有る。

コンテンツ

    発信する内容は、

  • 製品紹介:規格や使い方・操作方法などと注意点。
  • 店舗の紹介:行ったお店などの利用感や所在地など
  • レビュー内容:食べたものや映画など。
  • 技術の紹介:使い方や、作り方。/li>
  • Q&A:質問に対しての回答
  • これらは、ブログ記事が良いのか?動画で投稿した方が分かりやすいのかは異なってくる。

動画とWEBサイトの記事で両方運用すればベストだが、あまり併用している人はすくない。
閲覧する人は、検索エンジンで検索する人と、Youtube内で検索する人がいる。
動画で閲覧する人は、WEBサイトの記事まで読む人は一部だけだろう。
機会を得る入り口は複数作っておいた方が良い。

当方も3チャンネル運用していたのですが、初期段階から迷走していたためブランディングも迷う羽目になった。
動画投稿は、あらかじめ1つをマルチなジャンルで走らせるか? 専門チャネルで多数のチャンネル展開するのかは一長一短といえる。
こだわった内容で作ろうとすると作業時間も結構かかる為、ブログ記事の編集の比率とは更に大きい時間が割かれることになる。

2018年のルール変更
1000人登録者+1年間で4000時間の再生時間がないとYouTubeの収益化が出来なくなる変化が止めをさしたと言える。
YouTube パートナー プログラムの変更で収益化が厳しくなる。絶望的
今後もこのような規約やルールの変更は行われる可能性が高い為、動画一本で収益化して長く安泰は困難だと言える。

ブログ記事だけ・動画だけ、というよりも「どちらもやる」が無難。
リスク分散はいつも必要です。

模倣されやすい

    個人が発信できるコンテンツは模倣されやすいということ。

  • 記事だけならコピペから改変されると、元のソースが分かりにくくなることが有る事も多々ある。
  • 参考として『例』の模倣としては、スタイルを真似されると手におえない。
  • 模倣されない技術や、かなり突出したスキルがないと作れないコンテンツはそうそうない。

コンビニ大手がどこも似たようなスタイルで運営されていたり牛丼チェーン店が似たり寄ったりすることと同様だ。
どんなビジネスモデルも真似される。
もろパクリの無断転載は、御法度なので問題外の悪行だが、
模倣される事は必然の現象だと言えるのがこの世の中だ。

    ラーメン店ですら

  • ラーメン二郎から、二郎インスパイア系のラーメン屋、G系ラーメンの大盛りラーメン店
  • 家系ラーメンは横浜家系からの、各地の家系ラーメンに壱角家のようなフランチャイズまで
  • 模倣のスタイルは広がってしまう。

反対に個人が発信するスタイルだと、簡単に模倣されるしオリジナルが自分が最初に始めたことだと主張しても誰にも信用されないリスクは高い。
個人で行うコンテンツマーケティングでは、よっぽど認識されている注目度の大小が分かれ目になる。

ニュース記事を動画にしてアップロードしている輩も最近出てきているがあーいうのは権利侵害で著作権者が「照会」の手順を踏まれたら一発でアカウント停止になるリスクだらけだからな。
誰かが稼げる系ノウハウで販売しているのか知らないのですが、著作権侵害やパクリ重ねて収益化していて訴えられたら賠償金の額がどのくらいになるのか頭に入れておけば普通しないと思うぞ。
「まさに情弱の極み」としか言えない。

ファンの存在

ブログサイトではわかりにくいが、動画投稿などではコメントを書き込んだ人がどのYoutbeチャンネルのユーザーなのかが特定できるため意外と覚えやすい。
しかしブログのコメントだと一見さんかよく見ていてくれる人なのかは判別できない。

NGな集客方法

やっちゃいけない方法が存在する。
炎上で注目をあつめる手法だ。
これは正直精神がすり減るだけだ。
アンチを作っても再生数、またはPV(ページヒュー)は稼ぐことができるので再生数(PV)から収益に繋げれる。もといGoogleが評価する可能性がある。
(憶測ですが、閲覧者がいないページよりも閲覧者が多いページの方が評価されていると考えられる為)

アイドルなどですら、悪質なコメントや書き込みから酷い事例になると、殺害予告が書き込まれたりする(ここまでくると警察案件ですけど)。
熱烈なファンだったとしてもストーカー的な行為に及ぶものも数が多くなると発生する可能性が否定できない。

ここで重要なのは、不特定多数の誰か分からない人たちを相手にしている場合には、悪い材料は作るべきではないという事。
稀に炎上することがあったとしても、それを明らかに故意にやっていると思われると、誰かわからない人が悪意を向ける可能性が有ることを忘れてはいけない。

極論

おっさんでもやりようによっては個人で収益化することは出来る。
女性の方が稼ぎやすいという人は、世の中の五割が異性なのを認識していないバカどもだと言える。
ただし世の中のユーチューバーやブロガーなとで個人で旨い事ブランディング出来ている人が、
本名や素性を前面に出して活動していないため分かりにくいことが挙げられる美味しいジャンルといえるだろう。
Facebookで実名制SNS⇒おっさんだらけのSNSになったことからも、年配男女の常識に囚われていたら、損するだけで一向に稼ぐことはできない。

ブサイクだろうとデブっていようとも正しい戦略を知っているか否かで結果は変わると言える。

  • 一番鴨になるのはキッズから学生まての層。こいつらが時間を最も無駄に使う人が多い為。
  • サラリーマンなどで通勤する層も良いターゲット層。
  • 高齢者。
  • WEBを閲覧する機会が増えた現在、適切なユーザーの趣向とコンテンツを作らないと閲覧数が増えにくいことは分かり切ったことだと言える。

文字「個人でコンテンツマーケティングするには、コツとノウハウ」