クラウドファンディングとはインターネット上で
出資者を募る事が出来るサービス。

事業でネタがあっても資金不足で実現できない場合に、
リアルで足を使って出資者を探すことなくWEBだけで募ることが出来るサービス。
不特定多数の人から募ることが出来る為、
人脈やツテが無くても集められる可能性があるという点で画期的ではある。

各種クラウドファンディングサービス

クラウドファンディング – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
https://camp-fire.jp/
手数料5パーセント

クラウドファンディング – Makuake(マクアケ):サイバーエージェントグループ
https://www.makuake.com/
手数料は、集まった資金の15%
決済手数料5%

クラウドファンディング – READYFOR(レディーフォー)
https://readyfor.jp/

過去にあった事例

2015年の炎上事案
京都府内の大学生「世界の子供に夢を…」とクラウドファンディングで資金募って大炎上
「カメラ代:15万円」「生活費:93万円」「航空券:約18万円」等を募ったために炎上。
他にもWEB上で遊んで暮らしたいなどの書き込みが発掘されたためクラウドファンディングの支援に懐疑が向けられた事例でした。

出資する側の利点

クラウドファンディングは出資者になる側は商品を受け取れたり、
各種サービスがもらえる権利が渡されるがこれは各々の事案で異なる
過去には出資額にたいして一生飲み放題の権利なども存在したとのことで
出資額以上のリターンが望める案件も存在する。