「炎上商法」と言われる物事がある。これは一時期話題になった単語ではあるが、最近でも頻繁に使われている。
ローソクの炎
同様の言葉にステルスマーケティング(ステマ)等がある。

スポンサード リンク

具体例

炎上商法は、大抵の場合は、常識ハズレなことをインターネット上で発言したり、不適当な発言をすることによって注目が注がれる事が始まり。
その後その人の立場によって異なるが、注目が集まることでその当人の利益に繋がることが『商法』として蔑まれる。
実害が無い場合などは信用を落としたり評判がよくなくなるだけで、賠償などに発展する事例は少ない。
企業等の場合には企画が中止になったりすると実害はありうる。
大抵の場合も問題の根拠が発言者由来なのでバッシングする側に害が無いことが多く見うけられるが、やりすぎたり虚偽の書き込みで煽ると泥沼になる危険性が有る。

例えば東日本大震災後に何かしらの不適当なセールツイートを行った家電店のtwitterアカウントがあったりしたがこれらも炎上商法なのか?とされる。

大抵の場合仕掛けた側がこれは炎上商法でしたと認める事はないので第3者の判断になる。

芸能人や、著名人がよく炎上する。これらは人気商売故の性質なのか或いはソーシャルメディアが出来たことの余波なのかは分からないが、2014年までに公式twitterやブログを辞めていく有名人も中には居た。
直接収益に左右しなくとも、炎上とビジネスという点では比較的発生しやすい事柄のように感じる。