なんだかたまに無差別なフォローはよくないみたいな意味合いに思える物などを見たので

twitterで無差別にフォローしまくることについて、

最近いろんなツールとかが発売されたりしているようですが、botとか半自動ツールでフォローしまっくったり、フォローはずしたりするのはどうかと思いますが。そういうものは使わず、普通にフォローしまくる分には何の問題もないと思うのですよ。

nufufu-twitter2010-19現在の状況

むしろ知らない人をフォローしまくってからが面白いと思うのです。

そもそも、twitterを登録したのは2008年末なのですが最初は登録だけして放置でしたが、その後secondLife知人を30人くらいフォローして、その後は100人フォローするまでは結構期間があったのですが、100人フォローすると、1000人フォローしたらTLはどうなるのだろうか?とふと疑問に思ったわけです。

2009/8月の時点で1000人ちょっとのフォロー数でしたが、

1000人到達したら2000人の壁を見たくなります。(フォロー数、1.1倍の制限)

2000人到達すると、3000人、5000人と、フォローしてみたくなったりしたのです(自分でも意味不明)。
nufufutwitter-履歴
5000人到達すると、なぜか1万人目指してみたくなります。(この時点で目的は見失ってますが・・・)

ということで、そんなにフォローしたら、「TLが追っかけられなくなる」や「見れなくなるじゃないか」といわれても、興味・関心が強い人に関しては、今では公式でもリスト機能で振り分けることができるので、なにもTLで少数の人のTLを追っかけなくてもいいのです。

ですが知り合いは、いないからフォローはちょっと・・・と思うよりも適当にある程度は無差別にでもフォローしまくっていく方が面白いと、おもったりもするのです。

むしろTLくらいは、不特定ランダムでピックアップしてフォローした人達で一覧で表示されたほうが、いろんな情報を目にする機会は多い気もします。
(一応、興味があるキーワード検索などで絞ったりした上でフォローはしていますが・・・。アイコンが目に留まっただけでフォローしまくったりましましたが・・・。)

ですがこれも、誰が普段どんなジャンルのことをしゃべるのかなどは当然決まっていないのでそれからジャンルごとにリストで絞っていったりしてもいいのでは? と思ったりしたのです。

逆に知ってる人しかフォローされて迷惑ならば最初からロックの制限かけたりしたらいいわけです。

ブロックはちょっとへこみますが・・・(よくブロックはされていますがw)

(例えて言うと、ソーシャルブックマークなどで、一見さんが来てきになったから、ブックマークしようとしたら、「あなたはブックマークしないでください。」といわれているような感じに思ってしまったりもしたもので・・・。冗談です。すみませんorz)

不特定多数の人を、フォローしまくっていること自体は悪いことでは無いと主張したいと思ったのです。

twitterでは一先ず、知らない人とも気軽に接点がもてるツールとしては、知ってる人ばかりフォローするにとどまらず、ひとまずフォローしまくったほうが面白いのでは?と思ったのでありました。

まぁ、どっちでもいいんでしょうけど。片方を否定するのはどうなのかなと。

追記:2011/07/20
その後明らかになんか不気味なくらいに1万人超のtwitterアカウントが増えていますが、
この記事書いたのは2010年1月18日なのですがその点はご了承ください。

※念のため、無差別なフォローを推奨してるわけではないです。知らない人をフォローしたり適当にフォローしてる人を否定するような記事をみてカチンときて思ったことをつづっただけなのです。

ただまぁtwitterは、RTによる拡散が主軸なので、フォロワーを増やすのは導火線が増えるといった感じなので、そもそもの呟きがしょうもない内容だとフォローされてても見てくれる人が実質人数はフォロー数よりも低いということがあるので、このあたりの兼ね合いは適度な頃合でよいのではと思ったのでした。