Google Public Dataという物が存在していたのは知っていたのですが、少し前は英語版のみだったので項目がなんの事やらいまいちピンとこなかったのですが、ふと開いてみたら日本語化していた。

世界銀行、世界開発指標   Google Public Data Explorer人口比較の図。

便利そうである

スポンサード リンク

詳細

  • 比較項目の国は個別選択指定できる
  • 比較できる選択項目がたくさんある
  • Google Public Dataの「世界開発指標」の項目には以下のものがある。


    1人あたりの CO2 排出量
    1人あたりの GNI(購買力平価ドル)
    1人あたりのエネルギー消費量
    1人あたりの電力消費量
    5歳未満児の死亡率
    GDPデフレーターの変化率
    GDP 成長率
    インターネット利用者数の対人口比
    人口
    人口増加率
    出生率
    国内総生産
    国民総所得(購買力平価ドル)
    平均寿命
    軍事費の対 GDP 比
    輸入の対 GDP 比
    輸出の対 GDP 比
    http://www.google.com/publicdata/directory?hl=ja&dl=ja

    あと別個
    ヨーロッパの失業データ(月単位)や、ヨーロッパの最低賃金などがある。
    世界開発指標というものは、まぁいろいろと便利な気がしたのでした。