インターネットで jcomのチラシがうざいほど投函されている。
そもそもここまで営業必死にしないといけないインターネット回線事業者を他に知らない。
すんでいる建物が、JcomもNTTもどちらも対応しているのですが、NTTの勧誘の比ではないほどにJCOMのチラシは多い。

スポンサード リンク

jcomのインターネットは遅い

プロパイダが低品質なのだと考えられる。
2005年位からずっとJCOMの悪評は変わっていないが、ルーターかモデムに問題があるのかバックボーンに問題があるのか知らないが、JCOMの回線は良くない評判が後を立たない。
実際に契約したことがないので実態を調べた事はありませんが、契約したことがある人の評判は最悪なものばかりを耳にする。

回線の仕様が難点

自宅まで100mで回線が来ていてもあのケーブルテレビの仕様だと30Mが理論値でマックスだった時期がある。(2015年現在は多少サービス内容に変更があるのかもしれませんが)
どちらにしても、100m越、1GのFTTH回線が普及してきた昨今ケーブルテレビのJCOMが利用客増加できる可能性は低いしサービス改善に期待が持てる要素は無い。
世界最速インターネット NURO 光

インターネット プロバイダ

例えばNTTのBフレッツの場合はISP(プロパイダ)は任意に利用客が選ぶ事が可能だ。
OCNやぷらら、ソネット、ソフトバンクなど、多種多様のプロパイダから選んで契約可能だ。
たとえば、フレッツで、プロパイダを変更するだけでもインターネット速度が改善することがあった。
しかし、JCOMなどは回線事業者と、プロパイダが一まとめのサービスなので選択肢の自由が無い。
回線事業者も貧弱で、プロパイダが貧弱だと改善させる選択肢が利用ユーザー側では出来なくなる。