地下アイドルブログに「てめえを殺すぜ」⇒捜査というWEBニュースが報道されていた。
それでも危害を加えるような事を、ほのめかすような書き込みする輩が居ることに驚き。

仮面女子ブログに「てめえを殺すぜ」 脅迫容疑で捜査

 アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりなさん(25)のブログのコメント欄に1月下旬、「てめえを殺すぜ」などと殺害を予告するような内容が書き込まれていたことがわかった。所属事務所は同月中に警視庁に被害届を提出。万世橋署が脅迫容疑で捜査している。
2017年2月6日15時27分 http://www.asahi.com/articles/ASK264DBBK26UTIL024.html

ブログのコメントへの書き込み
『匿名化ソフトを使用した形跡』が有ったとされる
書かれた問題コメント
「生かしておけん」「覚悟しとけよ」などの書き込みの他
中傷コメント
との事。

匿名化ソフトの意味

ただ何だろうか、被害者特定したり逮捕の前に報道したことを考えると、これって意味有るのか?と思えてしまう。
アメリカでは匿名化ソフト使っても特定出来るとか言う記事がどこかの媒体で書かれていたと思ったが多分完ぺきではないだろうなとは思う点も存在しますが・・・FBIあたりであれば調べることは出来る?
日本の警察が果たして犯人を特定・逮捕出来るのか?やや疑問視する。

片方では以前に匿名性通信のソフトを用いて内部告発を行うサービスがリリースされていたようだが、
日本の警察は匿名化の通信を突き止めることが出来るのかが懐疑的だ。
匿名化ソフト使うことによって匿名性が秘匿できるか否かの技術的な視点でも気になる事件。
反対に逮捕出来なければ、匿名化ソフト用いた犯行予告が増えそうだし…

匿名化ソフトの是非りも悪質な書き込みにしか使えない大人もどうなのよと思う所。

類似事件

ツイッターでアイドル脅迫容疑 ファン名乗る男を逮捕

 生活安全総務課によると男は6月上~中旬、ツイッターやネット掲示板で女性のファンを名乗り、「(女性を)討伐したら懸賞金を進呈します」「こいつを見つけたらしばき倒しましょう」などと書き込んで女性を脅した疑いがある。
2016年7月31日19時00分:http://www.asahi.com/articles/ASJ7036VBJ70PTIL002.html

2017年にはインターネット上のストーカー規制法が施工されたとはいえ、
だいの大人がこういう書き込み平然とする世の中なのだから、鬱憤たまりまくなんだろうなと思えてしまう。
被害が女性もとい地下アイドルが目立つのもなんだかなという印象だけが残る。

楽天市場で『仮面女子』検索する。