インターネットで月収100万円が簡単に稼げるのであれば他人にその方法35万円では売らないよねというだけに思うニュース。
読売新聞はなぜ『アフィリエート』という単語を使っているのだろうか。

フェイスブックを通じて知り合った人物から、月収100万円は稼げるようになると言われて
35万円分の教材購入して
まったく稼げなくて
国民生活センターに相談という事例。

スポンサード リンク

「ネット内職」ご用心…相談、昨年度1472件

 自分のウェブサイトに広告を掲載する「アフィリエート」などのインターネット内職を巡り、国民生活センターに寄せられた相談が昨年度は1472件(暫定値)に上り、2年連続で1000件を超えたことが分かった。

 「高額の教材を買わされたが、収入にならなかった」などのトラブルが多く、同センターが注意を呼びかけている。

読売新聞『アフィリエート』は間違いだと思うのですが
アフィリエイト じゃないのですか?
国民生活センターのサイトには今のところ掲載はされていない模様。
http://www.kokusen.go.jp/
『アフィリエート』は、アフィリエイトの事だとは思いますが、
そもそもアフィリエイトは内職ではない。
作業に対して報酬が支払われるクラウドソーシング的なものとは仕組みが異なり、

  • 広告収入の売り上げから数パーセント支払われたり、
  • クリック数に対してある程度の収益が支払われるものであり、
  • 完全に成功報酬型の仕組みなので内職というのは適切ではない。
    もしも作業に対する報酬が欲しいのであれば、
    そういう仕事を請け負っていろと思うばかりの印象を受ける。

    月収100万円稼げるノウハウ

    35万円などというノウハウを持ちかけられたら、冷静になって普通に考えましょう。
    月収100万円稼げるノウハウを他人に35万円で売るか?という話だ。
    月収100万円稼げる方法が確立しているのであれば
    アルバイトと雇ってひたすら
    その方法実践してもらうだけ。
    アルバイト代払っても収益出るだろう。
    なんでそのノウハウを売る人は、こういうことやらないのですかね?
    クラウドソーシングなども最近では当たり前にあるので、
    いろいろと作業代行してもらえばそのノウハウが真実なら
    わりと一人で独占すればもっとウハウハできそうなものですが。

    35万円分の教材

    35万円分の教材の内容は100時間超えの動画形式だったりしたようですが、
    動画という品物も曲者だなと思う。
    いくらでもAVIファイルコピーや配布は楽だし
    売る側はセミナー形式の動画撮り貯めしておけば
    改めて教材つくるコストがほとんどかからない。
    中身が「35万円相当の内容だったか」どうかは知らないですが
    購入した人が、
    「アクセス数がまったく集まらず」
    「収益があがらず」
    というのは、騙される人ホイホイな言い訳に思えてしまう。
    むしろ30万円台の教材販売を取り締まったり規制することは出来ないしそれを行うと、それは違うでしょうとなる。

    インターネットで100万円稼ぐには

    アフィリエイトで考えてみる。

    • 楽天アフィリエイトだと報酬率は1%なので
      1億円の売り上げが発生して
      やっと100万円の報酬が発生する。
      (承認率は6-7割なので、もっと売らないと100万には届かない。2億弱売り上げ挙げて、やっと報酬100万円に届くかという程度になると予想される)
    • Amazonアソシエイト
      アマゾンは報酬上限が1商品1000円が限度なので Maxの報酬額の商品が売れると考えても1000個は売り上げあげないといけない。
      反対に本や、数千円程度の商品だと報酬率は低いので月収100万アマゾンで稼ぐには報酬率が高い商品で、数千個売れないと現実的ではない。
    • アドセンス
      ざっと見色々なサイトで言及されているので詳しいことは割愛しますが
      数百万PVはないと月収100万には届かないと推測される。
      ただし日本で数百万PVのWEBサイトって数千単位のドメイン数しか存在していないと思われる。
    • YOUTUBE
      2015年12月にどこかの高校生ユーチューバーが月に150万の収益だったと暴露していましたが、
      ユーチューブはざっと1再生0.1円という金額が多く語られているため
      月収100万に届くには、
      1カ月で1000万再生されないといけない。
    • アフィリエイト
      一般的なASPアフィリエイトだと
      資料請求などで2千円程度入る案件や
      数パーセントから10%程度の報酬率の商品
      初回購入で3千円程度の案件など
      けっこうマチマチですが、
      個人会員の上位売り上げの人の事例が掲載されているので月収300万円台とかの人が居るようですが
      月収100万はハードモードだろう。
    • 情報商材アフィリ
      商材アフィリは1商品売れて
      報酬1万円とか結構みかけますが、
      どうなんでしょうね。100個売り上げることができれば月収100万には届くと思いますが、
      そう簡単に数万円の情報商材が毎日、ポンポン売れるものではない。

    普通にか考えても、インターネットで月収100万は難しいと思います。