副業が推進される世の中ですが、自宅でパソコン一つで稼ぐことが可能なアフィリエイトに興味をもつ人も多いだろうと思います。
ここで注意してほしいのが、アフィリエイトの古い情報が役に立たない理由について紹介します。
PCを操作している手
アフィリエイト
基本的にパソコン一台とインターネットが有れば誰でも開始可能な物がアフィリエイト
広告収益を得る方法として最も簡単に開始できるため始める人は相当な人数存在していると考えられる。
学生だろうと、主婦でも、中年のインターネットに疎い人でも簡単に始めれる副業としてアフィリエイトは費用もかからず参加条件はかなり入門的にもハードルは、低いといえる。
それこそアンケートサイトやモニターサイトに登録するのと大差ない作業で済むのだ。
しかし始めてからすぐに問題が立ちはだかる。
ブログを作っても1か月目、2カ月目と一向に収益が上がらない状態に陥る。
数円クリック単価の収益はあがったとしても、全然売り上げ件数が上がらないということは、よく起こる。
すると人は、「なぜ稼ぐことができないのか?」と考え、 ⇒ 答えを探し始める。
この先に鴨をとらえようとする人たちが待ち構えている。

SEOが激変

パソコンの前の女性
数日で激変することはない物の何カ月という単位で見ると拭きとぶサイトは出てくる。
数年間上位にいったサイトですら吹っ飛ぶことは多い。
これがGoogleアルゴリズム様のやり方である。

  • Youtube動画優位:自サイトの方を優先したいのか?
  • 二番煎じだろうと、評価して上位にしてしまう仕組み

常に最新の情報に的確に対応していないと、上位表示はあり得ない。
⇒上位に表示されないといつまでたっても閲覧者が増えることはないというジレンマは一生続く。
SEOの変化は、検索結果の激動を見ていれば分かるように本当に激しいものでこれがアフィリエイトの売り上げに直結することがどれほど痛感するのかは想像できるだろう。
恩恵がある人が一握りで、売り上げが激減する人の方が多いのが圧倒的なのだ。

ASPも変化することで稼ぎにくく

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)も時代で変化する。
技術的な事だけでなく、報酬料率の変化や利用規約の変化、サイト登録の基準の変化、収益化基準の変化など様々な面でアフィリエイトで稼ぐことが難しくなることも多い。

※楽天アフィリエイトですら2019年にクッキーの有効期間が30日だったものが1日(24時間)になってしまった。
楽天アフィリエイトの『メリット』とデメリットについて

アフィリエイトは努力したら報われるものでは無い。

原則的に、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトに限っては、よほどのことが無い限り
塵ツモの作業で収益化の入り口は増えると考えられる。
ただし商品URLの失効は有る為、完全なチリツモの作業は存在しないとも言える。

アフィリエイト自体が終了することで特定の稼げた方法が使えなくなる。

お金(お札)
Yahoo!アフィリエイト、Javariのアフィリエイト(現在は靴や衣類は、Amazonアソシエイトに一括統合)、ASP無いの出稿が停止(終了)するなど、アフィリエイトサービスそのものが終了してしまうことも有る。
アフィリエイトとは!?理解した上で、アフィリエイトで稼ぐ方法!
数々の猛者が出てきては、消えるアフィリエイト界隈の悲鳴を見ていると、吹き飛んでアフィリエイトを廃業する人はいつの時代も絶つことが無い。
入り口こそリスクが殆どない為稼げている人も一部で、さらに稼ぎ続けて10年以上のプレイヤーが少ないのもこの業界の特徴だといえるだろう。
noteで販売されていたアクセス数稼ぐ方法を謳った内容がゴミだったので私的なアクセス数集める作戦論を

アフィリエイトで稼ぐために

アフィリエイト情報
本気でアフィリエイトで稼ぎ続けたいと考えた場合、複数の収入減を確保すること。
例:
1つに依存せず、何個もASPやサイトで収益を上げ続けて、1つ広告やサイトが吹っ飛んでも痛くないような仕組みを構築すること。

マルチ(多岐)に展開
広告だけでなく、動画サイトの収益化なども視野に入れて動くこと。
物販は手間がかかるので割愛
2ティアが狙えるものは適切に利用していくこと。※棚ぼた収益も実は意外とバカにできないこともある。
PPCアフィリエイトを用いたノウハウの罠には注意を

アフィリエイトで稼ぐための情報

大事な物
情報収集は欠かせない
ただし情報商材マニアになってはいけない。
技術バカになりすぎることも良くない。
適度な情報と適切な作業と量が肝心なのだ。
ブログアフィリエイトを開始して稼ぐには?

SEOに固執しないこと

検索結果の上位表示などは時の運としか言いようがないものだ。
仮に狙ったキーワードで1ページ目の上位に表示することが可能であれば、キーワードによっては一日何万円もの収益が得られる可能性もある。
しかし検索エンジンは日本でGoogle検索が9割を超えるシェアを有しており、この検索エンジンの仕組みを看破できるひとは居ないと断言できる。
世の中のSEO手法は経験にもとづく、上位表示対策でしかなく必ず上位にヒットするようなものでは無いのだ。※再現性が100%ではないということ。

所詮個人で検索結果を、コントロールできるものではない。
ブラックな方法としてはDMCAの通報などで消し去ろうとする業者もあったようですが。

検索エンジンからの集客が難しいとなると別の方法を模索する。
他の集客手法では、
SNS集客は、濃いファンを獲得できないと長期的にはあまり効果が無く薄いフォロワーや登録者だけではイマイチ収益化に結び付かない。
PPC広告の出稿も年々ハードルが高くなっており、10年前と比較すると現在は相当厳しいのが実態。
YouTuberに移行するアフィリエイターが増えているのはこういう事情も大きいのだろう。
YouTubeでユーチューバー等で稼ぐ方法について紹介する。

昔の実績の価値は無い

古い体験談の価値はゼロ
アフィリエイトで昔いくら稼いでいたといった実績は、古い情報でありその人の経験で現在稼げる要素は全く無い。
「先月」や「今年いくら稼げた」というものなら価値はあるだろう。
冗談抜きでアフィリエイトだと昨年100万稼げたとしても、今年は殆ど稼げないとかざらに起きる
実業の商店などの小売りだとよほどの天災とかで被害でもない限りそんなことは遭遇しにくいのですが、アフィリエイトだと突然収益がバッタリでなくなることは起きる。
アフィリエイトが儲かるのか?

アフィリエイトの古い情報は価値が低い

アフィリエイトの古い情報が全く役に立たないという事はない。

時々、意外と簡単な方法で数万円があっさり稼げたりする事も稀に起きる。

ただし現在、その情報通りにして再現性がどれだけあるのかというのは年々減少の一途だ。
ハッキリ言ってしまえば10年前のアフィリエイト教本などゴミに等しい価値しかない。
5年前のものでもどの程度役に立つかは個別の本で使える内容は吟味しないと判明しない。
時期によっては1年前のものでも約に立つ内容が無いということも有り得る。

例えば今月再現できる稼げるアフィリエイトノウハウが有ったとしても
半年後には全く無駄になっている可能性がゼロでもなく、
時には、数年は稼げる可能性もゼロでもない。

一番安全な情報を手にしたければ常に最新の情報・手法を追い求めていくか、基礎的なことに徹底して注力するほかないだろう。
一時インターネット上で『爆発的に稼げる手法』は、大抵淘汰されていく。
誰もが楽して稼げる魔法の杖は存在しない事は頭に入れておくべきだ。

それでもアフィリエイトで稼ぐことができなくなり、他の収入減も獲得できなくなると、残りは下請けとしてフリーランスとして働くかアルバイト探しでもしなくてはいけない末路が待っている。
働きたくない|仕事・アルバイト
20代だったら幾らでも再チャレンジできますけど
30代半ばになるとサラリーマンですら転職すら難しくなってくる。
40代になると異業種転職どころかまともな仕事に就ける保証は一切ないだろう。
50代からアフィリエイト開始する人が居たら、それは老後対策なのか或いは、専業アフィリと言う場合には一発のでかいギャンブルにしか見えないかな。