「オワコン」とは、終わったコンテンツのこと。
流行の的になっていない芸人やアイドルなどの人の他、
書籍や漫画などの作品にたいしても使われる。

スポンサード リンク

オワコンの特徴

ブームの時は根強いファンがいる。
引退や騒動などを起こしたのちに支持が離れて売れなくなるなど。
炎上事件やニュースの事件を起こして忘れ去られていくパターンなど多種多様。
売れているとに認知度だけは極端に上がるため、落ちた時の落差が激しいことが挙げられる。
これはマイナーなメジャーデビューできていない人との差は極端に異なる
テレビなどで出ていた人が有る日をきっかけに出演しなくなると「あの人は今」のようなコンテンツに成り下がる。
人生通して売れっ子だという人も稀有なため、だれにでも活躍の終わりは来るが知名度が国民的に知られるレベルでない限りはオワコンの末路は避けられない。

稀有な事例

握手会のためにCDを多数買いして
聞かれないままに大量に残ってしまうCDを生産しているどこぞのアイドルなどのCDはある意味オワコンだといえる。
アイドルの人気自体は、有るということは変化しないがCDそのものの価値は極端に低い為逆転現象が起きているといえる。
反対に人気度が高い人物の稀有な関連商品が高値で転売されていたりすることもありこの辺りは「オワコン」と真逆の価値がある商品になる。
「オワコン」とは、

オワ吉というyoutuber

一時期、ユーチューブ内で過激な発言でシバターのもどき的な立ち位置で注目されていたオワ吉という人物がいましたが、就職だとかでYoutube投稿を辞めた後はめっきりと動画の再生回数が減っている現象が見受けられる。
閲覧していた世代が学生でなくなったりすることからも、人気度が減るといった現象も考えられる。
オワ吉

オワコンと単語

オワコンは作品や人物に使われるのに対して
使われることが無くなった言葉には死語という言葉が用いられる。
これは流行語など一定の時期にしか使われなかった言葉が、現在では全く使われなくなったときに用いられる単語だ。
『ネチケット』という単語(死語)
まれにどや顔で死語を用いて喋ってしまうと赤っ恥を書くことになるのでセンスが問われることになる。