ビットコインのATMが出来るという記事が報道されていたりするが、
Bitcoinが、今後普及する可能性はあるのか?ということについて解説する。

※ビットコイン(Bitcoin)とは、仮想通貨で実際の硬貨は用いずに電子取引のみで流通している通貨の事。
通常の硬貨は国家単位で管理されているがビットコインは国に縛られていない特徴がある。

スポンサード リンク

ニュース

「ビットコインATM」日本上陸=米ベンチャー企業が輸出

 【シリコンバレー時事】米ネバダ州ラスベガスを拠点とする新興企業ロボコインは11日、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を現金に替える専用機を初めて日本に輸出すると発表した。日本の取扱業者が5月にも東京都内に設置することを検討しているという。
時事通信 3月12日(水)17時17分配信

ビットコインを換金するには通常売らないと換金できないことがATMで引き出せるようにするということは、買取型の仕組みなのだろうかは分からないが、手数料ビジネスなのだろう。

ひとまず、楽に換金できることは利便性は高いかもしれない。

Bitcoinに懐疑的

ビットコインは枚数が限られている。
21000万枚程度とされているが、数の限度かある。これが全て売買されるように市場で流通したとして、それでも需要が高くなれば価格は高騰するとは思われるが、数が限られている通貨を利用するメリットが存在するだろうか?
経済的な影響を考えてもサービスとして土台が制限されすぎている為、一定以上の普及が成り立たない。
どこかで頭を打つのは見えているサービスだ。

  • 同様のサービス
  • 今後類似のサービスが出てこないとは言い切れない。
    ただしその場合にどれほど世界で波及するのかや
    どういったサービス内容なのかで変わるうえに、ビットコインだけが、優秀なポジションということもない。