滋賀県近江八幡市のボウリング場で女性店員に土下座強要その写真をtwitterに投稿
で逮捕。
この事件20代男性と16歳17歳少女という組み合わせなのが疑問に思うことと、
店員は顔写真とかインターネット上にアップロードされていたりと被害者が飛散でならない。
ひとまずこの加害者側の10代の女性は、脅しともいえるツイートを行っていたので色々と疑問視すべきことは多い。

スポンサード リンク

女性店員の土下座写真ネット投稿 強要容疑で3人逮捕

– 共同通信(2015年1月19日13時39分)

 滋賀県警近江八幡署は19日、昨年12月に近江八幡市のボウリング場で女性店員に土下座させたとして、強要の疑いで市内に住む男(27)と、16歳と17歳の少女を逮捕した。

27歳男性と
16歳 17歳の女子という組み合わせも異様
あと滋賀というとここ数年割る目立ちが多くて粗暴なイメージが強くなってきている。

この事件は深夜3時代に入店仕様としたため年齢確認をもとめられてそのことに腹を立てて土下座を強要したというのだから驚きである。

「知り合いの極道の人に頼もうかな そっちの方がすっきりしそう」
等と2014年12月6日17:28のツイートキャプチャ画像なども残っている。

土下座強要が多い

過去にも

  • ファッションセンターしまむらの土下座
  • コンビニ土下座(ファミリーマート)
  • と逮捕事例があったのにも関わらず土下座強要する輩が居るのも驚きだ。

    その主婦は、写真とともに、こうツイッターに書きこんだ。

    〈従業員の商品管理の悪さの為に客に損害を与えたとして謝罪するしまむら苗穂店の店長代理○○(デブ)と平社員○○。土下座させるお客様凄い凄過ぎる怖い怖過ぎる〉

    北海道札幌市東区。9月3日の夕方、
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37320

    しまむらの事件は2013年の出来事なのですね。

    SNS炎上のリスク

    SNS(facebook・Mixi・twitter)等で画像をアップロードして炎上するのは2012年7月ごろのバカッター騒動以降一時期減ったと思ったが小さなものや炎上に至らないだけで頻繁に起きている。
    一度炎上する要素があると、各種ブログや掲示板などで拡散され、タレコミや便乗なども起きるため投稿を削除してもアカウントを削除しても取り返しがつかないことになる。
    かつてバカ発見器と呼ばれたりしたものが上手い事機能しつづけているように思えてしまう。

    るるぶ滋賀 びわ湖’15~’16 (国内シリーズ)