ここではスマホのデータ通信量を節約する方法を幾つか紹介する。
格安SIMなどが大々的に販売されているなかスマートフォンのデータ通信容量が毎月気になる人も多いのではなかろうか?

スポンサード リンク

スマホで動画視聴は避ける

Youtubeなどの動画配信サービスを閲覧することは通信容量を相当消費してしまう。
テキスト<画像<<<動画
動画のデータ容量は桁違いに大きいのだ。
低画質の解像度で再生するなど極力データ通信料を食わない方法はありますが、

ソーシャルネットワークサービスの Twitterやフェイスブックなどに動画や高い解像度の写真をアップロードすることでもデータ通信料を食うことになるので注意が必要。

アプリの動機サービス

スカイドライブやドロップボックスなどのアプリで写真や各種同期などはWi-Fi接続時のみに同期する設定にしておくこと。
こうしないと気づいたときに驚くデータ通信料消費していることになる。

公衆無線LAN(公衆wifiを利用)

コンビニエンスストア等(セブンイレブン・ファミリーマート等)
メアド登録などでWiーfi利用可能
1日2回程度 1回30分程度接続可能。
セブン&アイは利用頻度高い
セブンイレブンの登録IDでは、
イトーヨーカドーなどでもセブンイレブンと同様にwifi接続するサービスが同じなので利便性が高い。
セブンネットスーパーなどで利用可能なオムニ会員IDなどで利用できるためセブン&アイの利用頻度が必然と高くなってしまう・・。
セブンネットショップのデザインがwwwwwww

音楽再生

先日最近の中学生が音楽は聞かないという面白ツイートがありましたが


音楽データをスマートフォンにダウンロードしておいて聞けばいいだけの話である。
※ただし違法ダウンロードはNGです。
スマホに直接CD取り込み
データ通信量に制限⇒ストリーミングサービスばかり利用していて結果音楽を聴くことが無くなるというのは愚の骨頂に思えてならない。
オーディオプレイヤーが全てスマホに駆逐された現代ならではの、音楽離れ現象だなとは思いますが。
mineo
最大30カ月無料!?mineoでスマホ代を安く!【キャンペーン実施中】

スマートフォン裏お得技ベストセレクション


インターネットは危険が一杯【PC・スマートフォン】
スマートフォンよりもパソコンを薦めたい理由