URLとはインターネットの住所のような場所のこと。

例として当方のサイトのURLは

https://nufufu.com/

ここであり
nufufu.com←がドメイン

読み方
URLを「うらる」と呼ぶネット文化も存在するが一般的にはローマ字読みの「ユーアールエル」が正しい。
URLを単にアドレスと呼ぶこともある。

インターネットのWEBサイトの閲覧には URLにアクセスすることで表示が可能になっている。

URLの階層

記事のURLは長くなる。

ホームページ作成に必要なドメインとサーバーについて
https://nufufu.com/homepage/domain-server/

最初のURLに対して下に
/(スラッシュ)
が膨れてディレクトリのように下に続く構造で記事URLは変化する。
※URLの階層構造は作られているWEBサイトごとにルールは異なる為 設定がどうなっているかで表示形式は異なる。
例として
https://nufufu.com/internet/what-is-a-url/

https://nufufu.com/what-is-a-url/
と表示させることも可能

英数字の他、カンマやピリオド、日本語URLの使用も可能。

基本的には
ドメインの中の/場所にあるファイルや画像/
を参照する形になる。
※TOPのドメインにも画像やHTMLファイルは存在する。
URL(ドメイン)からサーバーのIPアドレスを調べる方法の紹介

短縮URLの存在

長いURLを簡易な短いURLに置き換えるサービスが存在する。
これは長いURLだと特定のサービスで投稿できないことが起きたりすることからSNSなどで用いられることが多い。

  • bitly
    https://bitly.com/
  • Googleの短縮URLサービスなど
    Google URL Shortenerというものが
  • ただしぱっと見て、どこに接続するのかが不明であることから短縮URLは無暗にクリックするのはやめておいた方が良い。

    中には途中で不正なサイトにアクセスしたりして不用意なアクセスが発生するものも有る
    スパムに使われたり乗っ取りの悪行にも使用される可能性が有るため短縮URLを見かけたら
    リダイレクト先がどこなのか調べれるツールで確認するくらいの慎重さがもとめられる。

    新手のFacebookスパム『グループ招待されたURLクリックしただけでもアウト』

    結論として短縮URLは、無暗に使えるものでは無いといえる。
    サイト作成者は、日本語URLの使用は避けて、短いURLで済む運用が好ましい。
    短縮URLから、元のURL(リダイレクト先)を、調べる方法

    文字「URLとは?」