従業員のままの仕組みでいては、既に限界という現実
インターネットやロボットに従業員という割高な仕組みでは戦っていけない
AIの高度化
グローバル化(人・仕事の流動)

正社員願望もむなしい夢

世の中の今ある職業は、10年後20年後に存在しつづけている保障はない。
電通ですらブラック化で、一部の人にしわ寄せが行き過労自殺にまで追い込む現代、
正社員として採用されたからといってそこの正社員の席が安定できる仕事という保証すらないのだ。

だからといってマクドナルドやすき家のアルバイトとして勤務することが素晴らしいかというとこれも違う。
10年後から20年後には、日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能|仕事
すべての仕事はロボットに駆逐される。
簡単な仕事ほど、機械にとって代わられるのだ。
この理由として人件費の高騰と、
ライバル企業との利益との戦いという市場原理も存在する。
海外の企業だって、国が違っていても、敵になる。

人件費

労働格差(仕事の内容や年収・賃金に見える差)
中国が世界の向上だったのは2000年程度まで出てそれ以降の
2010年代には、既にもう少し南の方の国に工場を移転する企業が多く出ている。
現在では中国では人件費の高騰や、ストライキなど様々な問題で物好きな人達しか中国にはいないのが現状だろう。

関連しそうな書籍

会社にお金を残さない! ~「ノルマなし!管理職なし!給料全公開!」の非常識な経営術~

日本でいちばん幸せな社員をつくる! “やさしさ”を大切にしたら、人も組織も生まれ変わった

『低所得者の消費行動を調査』その内容が酷い。

Yahoo!Japanが蹴球3日制度を考えているようですが
その他の産業では週1日休みが多いという問題もわりとおざなりにされている