社会不適合者が生きていくには辛い世の中だった。
To live social nonconformity's
インターネットが当たり前に有り、小学生でも携帯電話を保有している世帯がある現在においては、誰しもが簡単にインターネットを利用する事ができる。このためインターネットビジネスを通じて仕事をすることが出来れば、社会不適合と蔑まれるような人でも生きていける。

社会不適合者

どんな人が社会不適合なのか?

  1. 時間を守れない
  2. 約束を守れない
  3. 物を忘れる
  4. 人付き合いが苦手
  5. 短気・怒りやすい他、感情の起伏

普通は、各種短所として見られがちな社会に適することが難しい人達は会社で働く事はキツイことが多い。
就職してもボロが出て自制で直したり改善する努力をしようとも簡単に矯正できて真人間になれるのであれば世の中、堕落する人は居ない。一般的なことが出来なかったり、一般的な装いにどうしても馴染むことが出来ない人が居るのは本来は個性だと思うのだが日本社会はキツい面が多い。
大抵職についても又あぶれる事が殆どで職を転々とする人は多い。

会社がロクデモない事が多い

蹴る・殴る・恫喝するといったパワハラ(もとい犯罪)を行う社員や経営者が居る会社は意外と中小大企業問わず多い。
セクハラだって意外と有る。
こういう人材を雇っている会社は改善する可能性は低い。
就職した先が、このような会社に当たっていると退職したくなくとも去るのが手っ取り早い。

社会不適合者でも生きるには

ニートとして生活するには:稼ぐ方法編
結果としては独立することが無難だ。
完全に仕事を自分で作って利益を得る。
労働として雇用されていては、融通がつかないことが多い。
独立して仕事を得る事は難易度は高いが、20世紀と異なり21世紀の現在においてはSOHOなども当たり前にクラウドソーシングで請け負えたりするためやる気さえあれば独立することは可能だろう。
クラウドワークスなどで仕事を請けるのも有り。

次記事⇒アフィリエイトで稼ぐ事が出来るのか?

社会不適合~通販

アマゾンで『社会不適合』を検索した結果


I/51JaxWRmtlL._SL500_.jpg” alt=”日本社会不適合~水面下フリーランス2年生のガチンコ中間レポート” align=”right” border=”0″ />

日本社会不適合~水面下フリーランス2年生のガチンコ中間レポート

日本社会にうまく溶け込めず正社員を離脱した、非常識&規格外な現役フリーランスの著者が暴露する、ガチンコの中間レポート。
カカオ豆から作る超手作りチョコレートワークショップ、80%インドレストランなど、調べつくしたスキマ産業の数々。
カカオ写真集、チョコレートドリンクレシピ集など、マニアック極まりないネタの出版。
そして、物乞いビジネス、両替バイトなど海外の相当グレーな仕事まで大公開。
就職活動中の学生さん、独立を目指すサラリーマンの、結構笑える必読書!!

  • 著者: 川潟努
  • 発行日:2013-07-31
  • 日本社会不適合~水面下フリーランス2年生のガチンコ中間レポート