一般的に『パソナ』とよばれる会社名は、株式会社パソナグループの中に、完全子会社として『株式会社パソナ』が存在する。
大阪市北区で人材派遣事業を主業務として設立されたのが1976年2月のこと。
現在では中国やアメリカにも進出している会社である。
日本でも大手の人材派遣会社だ。
過去に何度か受けたことがあった気がするが、私は一度も登録できたことが無い。個人的には好きではない会社だ。

ああああ
パソナキャリア http://www.pasonacareer.jp/

パソナグループのお仕事マッチングプラットフォーム【Job-Hub】
などwebサービスでも最近は幅広い事業拡大を行っている印象が見受けられる。

パソナグループ本部ビル

「パソナグループ本部ビル」のご案内 – パソナテック
http://www.pasonatech.co.jp/skill_up/event/pdf/pgmap_info.pdf

パソナはブラック?

 まるで現在の“喜び組”報道を彷彿とさせる美人社員の抜擢エピソードが並ぶのだ。実際、当時の関連会社10社には、20~30代中盤の女性が社長として就任している。

  • パソナ**代表、女性スキャンダル&セクハラ疑惑 秘書の覚せい剤逮捕生む企業体質
    http://biz-journal.jp/2014/05/post_4990.html
  • その他のニュースでもパソナ関連社員などが事件に関わった事例が少なからず見受けられる。
    どちらにしても人材派遣会社の大手はどこも黒い話しかないのはどこでも同じだろう。
    派遣会社は現代の人身売買だ。2年間で1区切りで更新できなかったら切られる。そうでなくとも人材派遣は人材の使い捨て商売で頭数重視のビジネスであることから黒い面は捨てられない。
    事の本質を見極められない人は一生人材派遣会社で勤めていると路頭に迷うことになる。

    竹中平蔵は大手派遣会社「パソナ」の取締役会長に就いている

    自分のキャリアは自分で創る 35歳からの女性が活きる仕事術 (2014/05/10)

    自分のキャリアは自分で創る 35歳からの女性が活きる仕事術 (2014/05/10)

    “年齢や性別に関わらず、誰もが自由に好きな仕事を選択でき、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方のできる社会”を目指すパソナだから知っている“使える”メソッド満載。35歳前後のパソナで働く派遣スタッフを中心に、様々な職種、様々な環境で、自分らしくイキイキと輝く女性たちのキャリアストーリーを取り上げている。

  • 著者:働くオトナ女子応援プロジェクト 編集制作:オフィス三銃士
  • 出版社: 文芸社
  • 発行日:2014-05-10


  • 自分のキャリアは自分で創る 35歳からの女性が活きる仕事術 (2014/05/10)

    パソナは誰でも登録させてくれないのに、こんな本が書かれているとかwwwwwwwwwwww