ファストファッションの代表格ユニクロですが、ブラックな過去の実例が酷すぎる。
ユニクロ「いいかげんにせいよ、オマエ。おー、何考えてるんかこりゃあ。ぶち殺そうかオマエ。調子に乗るなよ、オマエ」という恫喝が行われていたらしい。

ユニクロの通販サイト

『ぶち殺そうか オマエ』管理部長が脅迫、店長は暴行…最高裁も認めたユニクロの“バイオレンス経営”

10:55 06/18 2013

 店長から暴行を受け入院、管理部長からは「ぶち殺そうか」と脅迫されたユニクロ現役社員のA氏(40歳)。事件の影響で妄想性障害とPTSDを併発し、裁判の末、2008年にユニクロの不法行為は確定したが、障害等級1級の認定を受けるほど後遺障害は残り、14種の投薬などで治療しながら損害賠償を求める訴訟は続く。

「障害等級1級の認定を受けるほど後遺障害』とかちょっと尋常じゃない。

問題点

【Digest】
◇実際にあった暴言、暴力
◇違法行為者が上級役員に昇進するユニクロ
◇逆ギレの仕方が柳井社長そっくり
◇『警察に届けるな』と事件の隠ぺいを指示
◇労基署に半年も報告書を提出せず「労災隠し」
◇探偵会社に尾行させたユニクロ
◇損害額と慰謝料で3046万円が認定されたが…
◇現役社員へのアドバイス
◇実際にあった暴言、暴力
 「いいかげんにせいよ、オマエ。おー、何考えてるんかこりゃあ。ぶち殺そうかオマエ。調子に乗るなよ、オマエ」
http://www.mynewsjapan.com/reports/1827

なんというか町のチンピラ経営者と大差ないことが行われているのかユニクロでは。

誰の発言なのか?

このセリフは、闇金の追い込みでも、暴力団員による脅迫でもない。実際に2001年7月30日、ユニクロで労務部門トップを務める執行役員の新庄正明・管理部長(当時45歳)が、現役社員A氏(当時28歳)に対し、電話口で吐いた言葉だ。

役員がはいたことばというのだから呆れる
さらにこんなことが続くらしい。
 

その暴行に対しA氏が謝罪を求めると、今度は謝るフリをして頭突き。さらにA氏の首をつかみ、板壁に頭部や背中を打ち付け、暴行はパート従業員が仲裁に入ってようやく収まった。

こんな会社の製品をそれでもマダ利用するのですか?
ある種反社会的な行為を行っている会社にしか思えない。

ユニクロの通販サイト

ブラック企業関連お勧め記事

ユニクロ帝国の光と影:Kindle版通販


I/51HqqOEwatL._SL500_.jpg” alt=”ユニクロ帝国の光と影” align=”right” border=”0″ />

ユニクロ帝国の光と影

ユニクロ側が出版社に対し2億2000万円の損害賠償を求め提訴した衝撃の書!(一審判決は原告の請求棄却)
大型旗艦店を続々開き、世界に覇を唱えるユニクロ。総崩れの日本企業の中で、唯一気を吐いているように見える。しかし、これまで創業者・柳井正氏率いる同社の経営を精査したメディアはなく、その実体は謎に包まれていた。なぜ、執行役員が次々と辞めていくのか? なぜ、業績を回復させたにもかかわらず玉塚元一社長は追い出されたのか。なぜ、中国の協力工場について秘密にするのか? 誕生の地山口県宇部から、ユニクロ躍進の秘密を握る中国へ、そしてライバルZARAの心臓部スペインへ。グローバルな取材によって著者があぶり出した、「柳井正」と「ユニクロ」の真の姿。

  • 著者:横田増生
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発行日:2013-12-10


  • ユニクロ帝国の光と影

    ユニクロ 疲弊する職場―週刊東洋経済eビジネス新書No.01


    I/51puYDrGNpL._SL500_.jpg” alt=”ユニクロ 疲弊する職場―週刊東洋経済eビジネス新書No.01″ align=”right” border=”0″ />

    ユニクロ 疲弊する職場―週刊東洋経済eビジネス新書No.01

     ユニクロ(ファーストリテイリング)を記事にするにあたって、柳井正会長兼社長の著作を何冊か読み直しました。『一勝九敗』『現実を視よ』『成功は一日で捨て去れ』……。どれもとても面白い。論理的な思考、理知的な語り口、経営への情熱。正直、日本の経営者でここまで読ませる人は少ない。この企業の強さと独自性をあらためて認識しました。しかし、です。長時間労働の実態や上意下達の企業風土については経済ジャーナリズムとして、ぜひとも指摘しておきたい事柄です。日本発のグローバル企業になる可能性があるからこそ、読者や社会にこの企業の現状を知らせたい、そう考えました。なお同社はこちらの取材要望にきちんと対応してくださったことを明記しておきます。

  • 著者:週刊東洋経済編集部
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • 発行日:2013-05-03


  • ユニクロ 疲弊する職場―週刊東洋経済eビジネス新書No.01

    シックスサマナ 第5号 アジアのブラック企業 列伝


    I/51z6tuepI%2BL._SL500_.jpg” alt=”シックスサマナ 第5号 アジアのブラック企業 列伝” align=”right” border=”0″ />

    シックスサマナ 第5号 アジアのブラック企業 列伝

    キラキラワードにおだてられ、宇宙時代の奴隷に堕ちた男たち

    世界就職=セカ就。今や1割を超える大学生が、海外での就職を意識しているという。

    英語はおろか、現地の言葉ができなくても、いざ外国に飛び出してみたら何とかなった! 
    あこがれの海外移住。やり甲斐のある仕事と熱い仲間。そんな私は夢追い人──。

    バンコクでセカ就達成! そこは関西系広域暴力団の直営会社だった! 朝から明け方まで酷使され、
    売春バーのプレイルームで仮眠。電話一本で叩き起こされ飯を炊き、
    一日三回、幹部が趣味で飼うヨダレ垂れ流しの凶暴な大型犬と鷹の世話──。

    365日休みなし。労働ビザすらない奴隷身分に落ちてしまえば、江戸時代の丁稚奉公以下。
    生かさず殺さずのセカ就の罠は、いま世界中に溢れている。

    ブラック企業はボーダーレス。今回は韓国人の奴隷……いや、セカ就達成者にも直撃ロングインタビュー。
    ゼロ同然の給与でこき使われ、元荒くれ海兵隊のガイキチオーナーにナイフで脅され、
    夢を見たくても、夢を見る時間すら与えられない蟻地獄。

    キラキラしてる暇があったら、シックスサマナで情報を集めろ!
    そしてしっかり脳みそに叩きこんで、人生の落とし穴に落ちるなかれ!

  • 著者:クーロン黒沢,石川正頼
  • 出版社: カルカッタレコード
  • 発行日:2013-08-04


  • シックスサマナ 第5号 アジアのブラック企業 列伝

    裁判関連記事
    食べログから削除してという訴訟⇒敗訴(大阪のバー)

    いじめ対策の方法(自衛手段)