電通が新人女性社員が2時間睡眠だけで勤務していたり
ブラックな内容が本人のTwitterから明るみになっている事件

過去にもパワハラ自殺起こしていて全く反省していない電通って企業どうなのよと思ってしまう。
社員も全員真っ黒に思えてしまう。

電通が新人女性社員の「過労自殺」で隠蔽工作の事実が! 過去にもパワハラによる社員の自殺で責任逃れ

 実際、高橋さんの代理人弁護士が会見で「労働基準監督署に届け出た時間外労働の上限を超えないよう、勤務状況報告書を作成するよう社員に通達していた」とその実態を指摘している。
 また、この間、表沙汰にはなっていないが、数多くのセクハラやパワハラ、深夜に渡る不条理な飲み会、長時間労働などの問題行為を続けていた。精神疾患で長期療養を余儀なくされる社員もあとを絶たなかった。
 しかし、電通はこうした事実を隠し、電通批判をタブー視するマスコミもそうした問題を一切追及してこなかった。そういう意味では、高橋さんの過労自殺は起こるべくして起きたともいえるのである。

  • 時間外労働の上限を超えないよう⇒これは、社員に上限を超えないように通達
  • 精神疾患で長期療養を絶たないとか
  • マスコミは電通批判がタブーとか・・・。
  • 過労自殺は起こるべくして起きたともいえるのである。=電通殺人企業じゃないかとすら思えてしまう。
    こんなのが広告業界最大手という日本。

    マスゴミ

    電通がだけでなく
    マスコミもマスゴミの意味合いを補強しているように感じる。

    パワハラ推奨社労士

    世の中には、社労士がパワハラ推奨していたりもするっぽい。
    パワハラ推奨社労士炎上中『本人が自殺したとしても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくことです』
    こういう気でも狂っているような社労士がいたりする日本は、本当労働者を奴隷か何かと思っている節があるよなと思う。
    50代とか本当害悪だ。
    企業の不良債権50代の逃げ切り世代で下が潰れる

    関連本の通販

    電通の正体―マスコミ最大のタブー

    電通の正体―マスコミ最大のタブー


    広告代理店のトップを走る株式会社・電通のタテマエ抜きの会社案内。電通を知れば、広告業界&現代がわかる。

    電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ

    電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ


    東京電力 269億円(普及開発関係費、2010年) 電事連加盟10社 866億円(普及開発関係費、2010年) 完全独占企業が莫大な宣伝広告費をメディアに投じている理由はなにか。
    博報堂の元社員が実体験と統計資料をもとに、 巨大広告主―大手広告代理店―メディアの強固な絆を解説!

  • 著者: 本間 龍
  • 出版社: 亜紀書房
  • 発行日:2012-06-19
  • 電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ

    僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

    僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

    死にたいと思う時のこと