サトウキビ刈りの仕事は奄美大島(南西諸島)から、沖縄までのエリアで発生する仕事だ。
サトウキビ畑
しかしながら個人の管理する畑は規模がさほど広いこともないため
収穫時期に他所に依頼するほど仕事はないと考えられる。

理由

広大なサトウキビ畑があるところは平たんな襟である場合は機械での刈り入れが可能なのだ。
サトウキビ農家も高齢であり、基本的には近隣の人や親せきなどの協力で刈り入れする。

サトウキビ刈りのリスク

サトウキビ狩りが冬場シーズンから春先とはいっても、サトウキビが生えているエリアは、ハブが生息している。
唯一ハブが居ない島は、南西諸島でも沖永良部島くらいだった筈だ。
他にも有害な蛇がいないとは断言できない。
他にもムカデやその他害虫の被害に会わない保証がないのが農家だ。
サトウキビ自体は生育すると数メートルの長さになりますが、台風の影響でウネウネ曲がって伸びる。
稲を刈り取る程度の楽な作業ではないし、
キビを束ねてトラックに集荷できるところまで運ぶのは担いで運ばないといけないため、腰にキツイ。
軍手をしていても手も有れる程度にはサトウキビはゴツゴツな植物だ。

沖縄の仕事でリゾートバイトだと誘われて
仕事内容がサトウキビの刈り入れだったら絶望的である。



リゾートバイトならアルファリゾート!