日本の事例で、重病を嘘の設定で装った子供を使って、募金を行い金銭をだまし取ろうとする女性が居ることに驚きな事件。

『1億5000万円募金募った女性「病気の話は嘘」と謝罪』
これも嘘だと発覚したのは親類が、
該当の子供は健康ということで暴露したことがあったからで
もしもこのまま巨額が募金されていたら使い込んでいたのではと考えるとゾッとする。

スポンサード リンク

「病気の話は嘘」1億5000万円募金で会見の女性

「病気の話は嘘」1億5000万円募金で会見の女性
女性(36)は重い心臓病を患う親族の男の子がアメリカで心臓移植の手術を受ける必要があるとして、8日に厚生労働省で渡航費用など1億5000万円余りの募金への協力を呼び掛ける会見を開きました。


厚生労働省で渡航費用 協力募る
「ローンなどで2000万円が必要だった」
「お金を集めるなら子どもがいいと思った」
既に数十万円が集まっていて
すべて返金したい。
ということらしいが、
厚生労働省もザルすぎるだろう。
どちらにしても甥だか何か担がれた子供が悲惨な事件。

氏名すら報道されないの?

上記のニュース記事では、女性36歳とだけ報道されている。
しかし別のニュースでは品川区とも記載されていたりして
多少ばらつきがある。
一連の嘘募金までの流れが、

  • 働けなくなり
  • 嘘の募金を思いつき
  • サイトをつくり
  • 支援者から記者会見を行うようアドバイスされたとのこと。
  • ひとまず失業に関してなら
    普通なら失業保険とか受けていそうだし、何も嘘の募金募らなくてもと思える。
    借金とは一体何の借金なのかが疑問だ。

    「重い心臓病で募金を」 記者会見はうそ 女性が謝罪 | NHKニュース

    東京・品川区に住む36歳の女性は「小学1年生のおいが重い心臓病を患い、アメリカで心臓移植を受けるために募金活動をしている」という内容のホームページを掲載したうえ、8日、手術や渡航費用などとして1億5000万円を目標に募金を呼びかける記者会見を開きました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161109/k10010762751000.html

    金がなく思いついたとか
    「おいの家族にも迷惑をかけたことをおわびしたい」と話しています。
    とかもうなんというか、
    酷い事件だろう。
    該当の子供の両親は今回の一連の行動知らなかったということですし、
    親戚が、勝手に子供使って詐欺したとしか思えない事件。
    普通に考えたら、甥の両親が民事で訴訟という展開にはならないのかね?

     報道を見た男の子の祖母から指摘を受け、女性はウソをついていたことを明らかにしたということです。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161109-00000095-jnn-soci

    Facebook削除して
    ブログ削除して
    今は本人に連絡する手段は無さげな様子。
    銀行口座から返金するにしても一方向だけでは返金ってできない筈だがどうやって返金手続きとるつもりなのだろうか?

    検索したらヒットする

    元々Facebookで募金を募集していたりしたようで
    本人の名前は簡単にヒットする。
    その他にも住所と思われる番地だとか画像がヒットするのがインターネットの怖い所。

    問題点としてはこういう詐欺的な嘘の行為の性で
    まっとうに募金活動とか募金募りたい人への視線が冷たくなる可能性だ。
    たにんの善意を踏みにじる行為をするというどころか、
    ローンは2000万円でも募金の額は1億に設定したとか
    普通に考えても、私腹を肥やすためだろう。
    実名報道すらされずに、これで終わりというのは腑に落ちない。
    路上で物乞いとかする行為は法律で禁止されていますが
    嘘の募金というのは、法律的にどうなのかが疑問視される。

    ただなんというかキラキラ女子演出の為に、偽ブランド品をヤフオクとかで販売していた詐欺のようには逮捕されることは無いのだろうなと考えると
    今後もこの手の詐欺募金には気をつけないといけない気がする。