1日一万円稼げる仕事でないとそれは、まともな仕事だとは思えない。
サービス業などでは最低賃金+10円程度の仕事が多いのですが
この労働状況では、到底フルタイムで働いたところで1日1万円稼ぐ事は不可能だ。
残業するか、掛け持ちで仕事する以外には1日で1万円の収入を稼ぐ事は物理的に不可能なのだ。

スポンサード リンク

1日一万円の日収が必要な理由

確定申告の書類
日本は家賃に対する扶助は無い
東京都は、1Rでも6万円~が平均相場。
都心部ほど家賃は高い。
山手線圏内は1Rですら10万円以上がザラ。
東京都内が大阪よりも平均時給が高くても、手取りの実生活で使える収入は少ないことも有りうる。

都心部でも唯一家賃が安い都営団地などは常に満杯。
高齢者が多く住んでいる。
若者だとか、若い独身世帯が入れることは極まれである。

普通にアルバイトや派遣社員で働いていても時給1000円では生活できないのが現実だ。
収入の内から、家賃が1/3以上占めることが多々有る。
そのくせに時給は最低賃金の設定が低いうえにサービス残業がまかり通っている。
※サービス業をコケなーにしたいのではなく、物理的に現代の仕組みだと、アルバイト・パートという雇用で時給1000円代以上の給与にすることが不可能な面は否めない。それこそ常に満員御礼の繁盛店でもない限りは不可能だろう。
或いは余程利益率がないと不可能だろう。

時給換算

1時間1000円のアルバイト募集は多い

  • フルタイムで勤務したとしても8時間×1000円 8000円だ。
  • 雇用保険など引かれるので
    手取りはもっと低い。

  • 時給1200円でも8時間労働だと9600円。
  • 額面だけなら、

  • 時給が1250円あれば、8時間で1万円ちょうどになる。
  • 手取りで1日1万円稼ぐなら1500円程度無いと無理だろう。
  • 1日1万円稼ぐには、どの程度の時給が妥当か理解できるはずだ。
    デスクワークの手を伸ばす女性

    異様に高い日本の平均年収

    平均年収は460万円~490万円程度と言われていますが、
    12か月で割ったら月収40万円以上あることになる。(賞与はあえて考えない)
    これは、結構高い収入だと思うのですが、
    今の20代~30代が、40代~50代になるころにこの平均年収においつく可能性は殆ど期待できないだろう。
    今40代の人で年収300万円代だっとした場合に、その会社のその地位のままで給与が上がる可能性は期待しにくい。絶望的だ。
    一部で、少数派の高額所得者だけは日本では相当増えているらしいですが、これもまた希少な比率だと考えられるため、一般的な労働者世帯とは無縁の話になるのだろう。
    年収500万円以上を最短で稼ぐ仕事

    今後の収入モデル

    1万円札 5枚
    日収1万円稼ぐ事は、最低賃金が引き上げられればいずれ到達はするだろうが、
    反対に雇用される時間がフルタイム8時間という雇用ではなく削られるリスクもある。
    フルタイムで働く人を削ってパートタイマーで埋めた方が効率が良いという雇用主も出てくる可能性が有る。
    現状ただでさえ非正規雇用が増えているのにもかかわらず、非正規雇用のみならず独立を促す動きすらある。
    この際に請負契約でなんちゃって従業員が増えてしまうと碌なことにならない。
    労働者の時給という概念すらぶち壊される可能性すら考えられる。

    高収入になるには?

    1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得


    そういえばこの本でもまずは、「つき合う人」を変えなさい!
    カバン持ちについて書かれていた記憶が有る。
    後で本でも探して読み返してみるかな。

    儲けれる商品と市場

    普通に考えると分かりますが1日1万円の収益を得ることは難しいです。
    誰か雇ってその人が1万円以上稼げるビジネスを考えると、どういうハードルなのかは容易く想像できると思います。
    余程自信がある製品を企画し販売するか、よっぽど優れた市場でないと小売りでは、現状は厳しいと思われます。
    今後も急激に好転する可能性も無いでしょう。
    店舗型販売よりもAmazon他、各種ECサイト使って受注とれたほうが人件費はかからないですので、もし今の仕事を考えて将来の図が描けないのであれば、道は険しいと思います。