派遣社員のメリットとデメリットについて考える


派遣というと短期雇用で一定期間の安定を得たい人には向いている
ただし長期的(数年間)の雇用を期待するには派遣では厳しい現実が存在しています。

スポンサード リンク

派遣社員のメリット

  1. 時給換算の賃金形態
    残業代・休出手当 様々なものが給与明細からはじきやすい
  2. 時給の高さ
    アルバイト雇用よりも賃金が高いことが多い。
  3. 求人案件は多い
    仕事内容にもよりますが都市部だと派遣の仕事は多い。
  4. 辞めたくなったらすぐにやめることができる。
    派遣は正規雇用と異なり比較的職務を辞めやすい。
    よほど特殊な職業でない限り、仕事として最初から派遣社員の人が居なくなると回らなくなるような仕事は基本的には与えられない。

派遣社員のデメリット

  • 非正規雇用であることが最大のデメリット
    賃金の向上は期待できない。
  • 有期雇用
    期間が来たら就労が自動で終了する。
    延長の可能性もありますが、最大何年までという縛りがある。
  • 年を取ると不利
    40代にもなると楽な仕事は、ほぼ無いといえる。
    肉体的にもきつくなる。
    中年にもなると、女性はまだ良いが男性の派遣求人の案件は絶望的になる。
    専門職の経験キャリアなどがあったとしても望む仕事には付きにくいなどデメリットが年を取るたびに大きくなる。
  • 派遣社員が素晴らしいの大嘘

    正社員の仕事を探す前の準備

    正社員でいきなり1つの仕事に就くよりも事前に派遣社員としていろんな会社での働き方を知っておくということが武器にもなります。
    派遣の働き方の一つに紹介予定派遣というものがありこれは一定期間働いたら正社員登用を前提とした働き方ですので、そのまま正社員として働くことも可能になります。
    正社員と非正規社員

    起業の前の補助

    起業する際に仕事が順調ではないなどの補助に働く仕事としても
    派遣社員としての働き方は選択肢の一つとして有効です
    一生の人生を派遣社員として働く必要性はどこにもない。
    働き方の一つの選択肢として派遣社員という雇用形態を旨く利用する程度で良い。

    【若者正社員チャレンジ】 脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦