秋祭りで高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害という事件が報じられているが
年齢と、怒鳴るという行為が変にしか感じられない。
祭りの主催は埼玉県深谷市

女児、大声で叱られPTSDに 祭り主催の市に賠償命令:朝日新聞デジタル

 秋祭りでボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認め、約20万円の支払いを同市に命じた。

高齢スタッフが必要なのか?

高齢男性は80代ということらしいのですが、こんなに高齢な人スタッフとして手伝わせないといけない祭りって
どんなんだよと思えてしまう。
この年齢の時点で人選ミスだし、こういう高齢者まで手伝わせないといけない労働環境の祭りを行う必要性があるのだろうか?

叱られるダメージ

心的外傷後ストレス障害というのがどの程度の症状で現れたのかは不明だが、
「大声で叱られ」というのは問題があるだろう。注意するのに大声で叱る必要性がないのだが、危険な事でもしていたので止めるという背景とかがあればまだしも、

“駄菓子を手に取ったこと”だけで大声で叱るのは大人げないだろう。
5歳児が駄菓子を手に取ることが悪意が有って盗むというものでもないだろうに。

まぁ世の中パワハラで職場で怒鳴り散らす上司がいる会社も有るので(ソ****クとか) 怒鳴り声をあげるのは程度が知れている。

今後は、訴訟祭りになるのか

診断書⇒裁判⇒賠償というながれは分からなくもないが
被害を受けたのが5歳児というのもなんとも釈然としない。

父親は女児のそばに居たとなっているし
この父親該当の高齢男性と口論になったとされている…
親の監督不行き届きという面がもう少し大きくてもよさそうなのに。

ボランティアスタッフの「大声で怒鳴った」という行いで、訴訟になっていてはたまらんよな。
市は無駄な出費だろうし、賠償金云々という問題起こした高齢者もちょっといかがなものかと思える。
ボランティアに選択する人物も厳選しないと様々な問題が起こる可能性があるというのは難しいものがある。

雑感
  • 注意する際に怒鳴る事は悪い手段。
  • 父親はそばにいて口論になるという悪手をとったのも愚か
  • 賠償金勝ち取ってもトラウマは減らないため少女は不憫

訴訟を起こす父親というのは頼もしいとは思うが、たぶんこれ何か根本的に違う感じがするのが残念に思えるニュースだ。

文字「秋祭りで高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害という事件」