格差というと日本では法律において、全ての国民は平等であるとしているため、差は無い。
どこで差が発生するのかというと

  • 収入
  • 仕事
  • 学歴
  • 等が現代もっとも謳われる格差だろう。

    格差社会 何が問題なのか

    戦後の歴史を見ても、出身地の差別や病気の差別などで色々と、人は差別を生みやすい。格差もある種差別できな問題点を発生させやすいものだ。
    格差が広がると、収入が低い人と高い人が生まれる。収入が低い人は、税金が納められなかったり、子供をまともに学習させることが出来ないかもしれない。日本は公立学校が殆どであるため、収入が低い人と高い人がわりと平均的に公立に入学していることがある。ここで差が出来る。
    収入が1000万円の世帯と250万円の世帯とでは、生活水準が異なる子供が同じ学校で学ぶことになる。そこに嫉妬が生まれることの方が自然だと思うのだが、日本の私立の小中学校は数が少ないので、エリート化の一途だろう。
    元々総一億中流社会というテーマで高度成長してきた日本のひずみが格差社会にも感じられる。

    収入が高い⇒低い人から・・

    収入が高い人ほど税率も高い。1000万円超だと4割近く所得税で取られることになるため税金の比率が15パーセントなどの人よりも遥かに多く国に支払っているのだがその見返りは殆ど存在しない。他に住民税なども高くなるため、所得が多い人ほど国への貢献率は、高いはずなのだが・・・
    何故かこういう事実を知ってか知らずが収入が高い人ほど崇められるべきはずなのだが日本社会では嫉妬の矛先になりやすい。妬みの方が大きく働くのだ。

    仕事

    仕事の格差というと昔はブルーカラーだとかホワイトカラーだとか広告会社マスメディア、大手がどうこうという、明らかに大卒の就職の選択しありきでの格差だったりしたが、現在は正社員(正規雇用)か、アルバイト・派遣社員などの非正規雇用か?
    大企業か、中小企業なのか?といった、大きなカテゴリーでの格差が目に見えて広がっている。

    収入

  • 収入が低いと貯金が出来ない。貯金ができないと、いざと言うときの出費に耐えられない。金がないと借金に頼ってしまう。利息に間に合わず払いきらないと、破産する。
  • 収入が低いと、子育てに消極的になり子作りしない。むしろ最近では異性との付き合いに消極的な人が多い⇒結果少子高齢化が進む。
  • 学歴

    学歴だけで入社の門が閉ざされることが日本では多い。大学**学部卒以上という求人をわりと見かけることが多い。
    大卒以上という意味不明な学歴主義みたいな条件を書く会社が多いことでも日本の求人システムがオカシナことがわかるのではないだろうか?職歴よりも何年も前の最終学歴を条件として重視するのは日本くらいだろう。
    最初の項目として「学歴」ありきである社会のため学歴が一定にないと評価されない会社は多い。

    I/51wpA-%2BWJ7L._SL500_.jpg” alt=”希望格差社会――「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)” align=”right” border=”0″ />

    希望格差社会――「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)

  • メーカー: 山田昌弘
  • 出版社: 筑摩書房
  • 発行日:2007-03-10
  • 希望格差社会――「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)


    I/416RZ2WWX4L._SL500_.jpg” alt=”格差社会―何が問題なのか (岩波新書)” align=”right” border=”0″ />

    格差社会―何が問題なのか (岩波新書)

  • メーカー: 橘木 俊詔
  • 出版社: 岩波書店
  • 発行日:2006-09-20
  • 格差社会―何が問題なのか (岩波新書)