仕事の雇用契約における、アルバイトとパートの違いについて

アルバイトとは、非正規雇用の社員の事。
パートタイムも短時間労働の非正規雇用社員のこと。
契約として同一な事は、どちらも非正規雇用という点だ。
『アルバイト』は翻訳するとパートタイマーの意味であり、
意味としては、どちらも同じなのですが
日本では直接雇用のフルタイムの非正規社員が、妥当な意味合い。

スポンサード リンク

アルバイトとパートの違い

違いは時間だ。
パートタイマーは。
短時間労働者。
雇用保険などに加入できたり
社会保険に加入できる時間は月に何時間以上というものがある。

アルバイトだと8時間労働で週5日働いている場合もある。

パートタイム(短時間勤務)は、週に数日、労働時間も8時間未満。

パートタイムだと、明確に労働法などで受けることができる保証が少ないことが特徴。
 
アルバイトに関しては雇い入れ主の意向にもよりますが
原則雇用保険や社会保険などに加入できる労働時間だったりすることが多い。
短期アルバイトについて

パートタイマーが求められる職場

パートタイマーが求められる理由としては、短時間の客入りが多い忙しい直単位だけ人材が欲しいことがある。
スーパーや飲食店等。
長期的に、短時間の雇用が欲しい場合にパートタイマーとしての雇用が求められる。

アルバイトが求められる職場

アルバイトに関しては、正社員を雇用するほどではないものの
人手が慢性的に足りていないときに雇うことが多い。
学生アルバイト可な勤務先などが代表的だろう。
年末の郵便局のアルバイト募集のように特定のシーズンだけの雇用としても
アルバイト(8時間勤務)で人材募集が行われるのがポイント。

本来ならば長期的な週5日8時間労働などであれば、正規雇用すべきところですが、
非正規雇用として蔓延している働き方を従事される場合があるのは問題点だ。
契約社員など、期間を設けた雇用がなされる場合もありますが、
正規雇用とアルバイト雇用との意味は契約ごとに異なる。
アルバイト時給1000円超?

パートタイムの問題点

家庭で共働きしている世帯などで
勤務時間が幾らを超えないように社会保険などに加入対象にならないように
短時間労働で働く女性などは増えていた現実があり
政治の意図でこの対象の金額を上下させていたりする背景も存在する。
ただし保険料の増加などからも極力加入させるような意図で政策は行われている。

子どもの貧困「社会的損失4兆円」しかしパートの就業拡大させる政府|格差社会と仕事

日本では女性の活躍を謳っていますが中身を見ると家庭に居る主婦層を起用して酷使させようとしている感じが拭えない。

働くならアルバイトかパートか

1日のうち短時間しか働けない人はパート雇用が適している。
反対に1週間に長い時間働くのであればアルバイトが適している。
基本的にアルバイトとという雇用形態であれば、正社員などにほぼ準じる雇用の保証が受けられないとならないので、適当な扱いを受けている不定期な雇用ではありますが、
派遣社員などよりは不安定な面は少ない。
パートで働く人は子育てだとか、何かしら家庭の事情でフルタイムで働けない人向けの雇用形態なので、一般的には需要は少ないとも考えられるが、
飲食店や販売員などの仕事であれば需要は多いのかもしれない。
1日3時間週3回で月収30万円(仕事)