相撲部屋で”「金づちで百発殴られ」元親方の暴行初公判”というニュースが、実に酷い被害内容でオゾマシイ。
相撲を国技に位置づけている日本は大丈夫なのか?と
疑問視してしまう。

スポンサード リンク

「金づちで百発殴られ」元親方の暴行初公判

日本テレビ系(NNN) 11月16日(月)12時5分配信

 大相撲の横綱白鵬が所属する部屋の親方だった男がマネジャーの男性を金属バットなどで殴った罪に問われた裁判が始まり、男は起訴内容を認めた。一方、被害者の男性が取材に応じ、壮絶な暴行の状況を語った。

痣とか怪我半端じゃない写真が動画内で写されている。
大相撲を国技とかに認定している日本という国は本当、
相撲部屋のあり方一度は考え直すべきか或いは相撲そのものを一度改める必要があると思う。
『金属バットなどで殴った』とか明らかに殺人未遂に等しい行為だと思うのだ。
1度だけでなく複数回ほぼ日常的にこういうことが行われていたようなので、本当相撲部屋とか一端片っ端につぶしてしまえと思ってしまう。

改善しない相撲部屋の体質
割と過去にも相撲部屋のシゴキ問題が頻繁に起きていたのに、全く改善されないのは、
教育における体罰とか職場でのパワハラが蔓延していたり
ブラックバイトやブラック企業が蔓延っていることに通じる感じが否めない。
相撲取りとか見るだけでよくないイメージ抱いてしまう。

大相撲タブー事件史 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-85)

大相撲タブー事件史 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-85)

  • 著者: 別冊宝島編集部
  • 出版社: 宝島社
  • 発行日:2008-12-18
  • 大相撲タブー事件史 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-85)

  • 大阪府河内長野市:「動くサンドバッグや」暴行60回、スマホに凄惨動画
  • 東京都北区JR田端駅近くのラーメン店 暴行直後にラーメンセット注文して殺害した事件[ラーメン屋]
  • 欝と肉の因果関係:メンタルヘルス(略称メンヘラ)は、肉を食えばいい。【欝・改善】
  • 無差別殺人と妄想性パーソナリティ障害―現代日本の病理に迫る

    無差別殺人と妄想性パーソナリティ障害―現代日本の病理に迫る