福井県の孫を殺害した事件が犯行動機があきれる。

スポンサード リンク

文字「理解不可能」
福井県で孫を殺害した事件が犯行動機があきれる内容だ。
この事件、祖父母の家にいき住んでいるという事件なのでちょっと稀有なかんじがしたのであえてまとめていなかったのですが、日数がたってちょっと祖父が変過ぎる気がしたので記録しておく。
酒に酔っていた時の犯行だったりしても譲歩できる要素がまったくないし酒飲んだうえでの愚行は厳罰化したほうが良いと思える事件。

スポンサード リンク

“晩酌の相手されず”逮捕の祖父が供述

福井市内の住宅で女子高校生の孫を殺害したとして逮捕された86歳の祖父が、「酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが分かった。(9月14日)

https://www.fbc.jp/news/news162520480.html

事件概要

事件の日時
2020年9月9日夜
被害者
孫にあたる娘16歳 高校2年生
加害者
容疑者 無職 86歳
犯行内容
上部を複数刺して殺害。
逃げ回る被害者を追いかけて犯行に及んだとみられている

当初は、いうことを聞かなかったとか反抗的な態度とられたという報道で犯行動機としていたが9月15日の段階で晩酌とかいう話題が…。 晩酌してもらいたければ、そういうお店に行けという反応が多い印象。

当初は、寝ている間に殺害だったものが、逃げている被害者を追いかけての犯行という点でも変化してきている。
これは明らかに悪意がある犯行で、普段の生活の中でカットした喧嘩などでも 突発的に殴ったとかいうケースでもないだろう。
殺意が明らかに確立した物で確立していた犯行とさえ思える。

福井市議「女性競輪は水着か裸でやれ」

気になること

何故被害者は、両親のもとで暮らしていなかったのか?各家庭の事情は色々とあるだろうけども法的な責任者は親だろうしなんで祖父母の家に居ることを認めていたのか疑問。

80代男性が孫を刺し殺すという異常性もあることと、
その理由が、晩酌とかいうのだから男女差別などの価値観が根深いのかなと思うばかり。
先ず、孫を刺し殺すという異常性。
晩酌を断られたが犯行動機という理解不可能な動機。
一般的には、子供のことよりも孫をかわいがるというパターンを耳にしがちですがこの家族は一般的な家庭とはかけ離れていたのですかね。
晩酌を高校生の孫に要求する価値観も一般的ではないと思いますし、酒の席に孫付き合わせるなよと思うばかり。

こういうことたびたびおきていたらインドの残虐な犯行とかバカにできない感じがする。どこの国・どんな時代でも一定数の異常な輩が存在するという感じが残る。

  • 暴力的に振る舞うタイプの高齢者も目立ってきている気がすること。
    今後さらに逆ビラミットが大きくなると老害による被害が増えそうだ。団塊世代ジュニアが65歳超えからが一波乱ありそう。
    高齢ドライバーなどの問題もちっとも根本的に解決の目途たってませんからね。
  • 未成年高校生に酌をついで欲しいという発想がオカシイ事。モラルとかリテラシー欠如しすぎだ。
  • 万一、孫が男だった場合に晩酌要求していたか?とか、両親の元離れて総父母の家に世話になっていられたかどうかも疑問視してしまう。
  • 本当に晩酌の要求だけだったのかも疑念がわいてしまう。普段この一族の間で虐待とか無かったのかが不安材料になるだろう。他に何か犯行隠しているのかが疑惑が沸きすぎる事件だ。普通晩酌断られたくらいで人殺害しないだろうし動機が怪しすぎて理解できない。

稲田朋美元防衛相が憲法教”ツイートを削除 

スポンサード リンク

生活
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました