結婚から離婚する原因は、
「浮気」、「借金」、「暴力」が離婚の三大理由である。

離婚理由

結婚は、自然、必然どちらにしても、男女間では現代社会では当たり前のように行われていることだ。
早ければ、10代後半
20代から30代までが最も多い世代だろう。

しかし結ばれる結婚に対して
反対の別れる「離婚」も多いのが現実。
一生添い遂げるカップルの比率は意外と少ない。

結婚⇒離婚⇒結婚などの 回数を重ねる物は除く。

浮気

これは男女ともに言える。
だが世の中の浮気問題は大抵男性側に多く離婚理由もこのあたりが大きい。

借金

一万円札が数枚
「借金」これはローンなどではなく、私的に作るサラ金などの負債が多い。
サラリーマンから自営業などで独立することでも事業を回す際の借金も負担としては大きい。
結婚して独立しようとして失敗すると大抵夫婦仲は険悪になり、借金の負担がのしかかると離婚の確率は大きくなる。

暴力

一定数いる暴力は、圧倒的に男性に多い。
女性の暴力で離婚というケースは日本ではあまり目にすることが無い。

晩婚離婚や高い年齢で結婚する晩婚化が多い中
日本では10人に5人が結婚できるかどうかという比率になっており過去の当たり前がつうじなくなっている。
それでも離婚率はあまり章典が湧ない問題である為、結婚に対する理解がイマイチ後進国なのかと思える。