住込みの仕事を探している人こそ必見です。
ビルから見える太陽

    住み込み仕事を探す人の事情として考えられるのは、

  1. 地方から出てくる人のための仕事か、
  2. 家が無く仕事と住処を同時に探すという人のいずれかが該当するだろう。
  3. 他にも少数の事例は考えられますが、割愛させて頂く。

    物件のパターン

  • 社宅(まるごと会社保有や、全部借り上げているなど)
  • 借り上げた物件(民間の部屋ごと会社契約で済むパターン)
  • 会社内に住める部屋が有る

住み込み可能な求人の罠
住込み可⇒宿泊できる部屋があることが前提でこの意味として
「寮」であるとは限らない。
アパートやマンションとも限らない。
宿泊可能な施設(スペース)だけで、風呂すら無いという最悪の可能性も存在する。入浴は近隣の銭湯利用しかない等

スポンサード リンク

住み込み可能な仕事の例

夕焼けと信号

    一般的に住み込みや社宅有りで多い仕事として挙げれるのは、

  • 土方(建設現場作業)
  • 請負型
  • この仕事は割りと長いこと住み込み可の会社は多い。
    土方はそのままの意味。請負型は大規模な工場などの下請け(流れ作業のような単純労働から様々)。
    多数の労働者がいないと困る+働き手が少ない(一定の時期だけ人手が必要)+集団で車やバスで移動がしやすいことなどから手間が省けることから常に募集は有ると考えられる

他にある例だと

  • 大手自動車メーカーの期間契約社員などは賃金は高めであることが度々あげられる定番だろう。
    体力が、ある程度必要です。
    しかしながら長期的な雇用は期待しない方が良い。
    派遣村の時の事例のように、解雇はあっさりされるため先々に関しての計画性が必要
  • パチンコ店などで特定の地域で複数店舗展開しているような所がパチンコ店スタッフ募集の内容に住み込み可で募集している求人も存在した。
  • 都市部や首都圏などでは、よほど特定の仕事でないか、
    会社に余裕か何かしらの事情が無い限りは
    住み込み可や社宅有りの仕事は存在しない。

    運が良くても借り上げ社宅があれば御の字と言える。
    工場仕事の住み込み請負は大抵ブラック

    介護
    近年では介護の住み込み仕事の求人も増えている。
    寮付き(個室寮)などの条件もあるため、介護に抵抗がない体力に自信がある人はチャレンジしてみるのは良いかもしれない。
    介護であれば『仕事』がすぐなくなるリスクは少ないです。
    雇用が安定している面では無難な選択肢になるのではないでしょうか。

    カイゴジョブ
    ≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ

    住み込みの仕事の目的

    家が無く、住み込みの仕事を探すのであれば生活立て直すために理解できるのですが、
    他のパターンでお金を貯めたいために住み込み可の仕事を探すというパターンは現在の雇用から考えると相当困難だろう。
    仮に住み込み可の求人があったとしてその住む場所が家賃ゼロなどであれば良いが、普通そんなことはないと考えられる。
    光熱費も同居する人たちで折半になると考えられるため不平感が発生する可能性もある。

    募集内容と異なる住む家

    民家と電柱が見える空
    アパートと思いきやボロ屋だったりすること
    仕事場の二階の空きスペースやもともと休憩所として使っていた部屋など
    実際に遠方からやってきて実際の仕事に就く前に案内された住む場所が、条件と異なっていたというのは五萬と存在する。
    ハローワークの求人もあてには出来ない
    職業安定所の求人ですら「嘘」が掲載されていたりするため
    信頼できる情報は実際に行って自分が確かめるまで分からないという罠が有る。
    この辺りの信頼度は、何も法的な制約がないからだろうかとにかく騙そうとしているような求人募集は数多く存在している。

    不便な立地

    ダンボールの上でカップラーメンを食べるスーツ姿の男性

    駅近くではない不便なエリアを安く利用している建物に複数の男性が住んでいるなどの特徴がある。
    今後空き家が増えることの民家の空白地帯が懸念されているが様々な危惧されることも多い。
    コンビニやスーパーが近くにないなど生活が不便な場所。⇒即席めんなど単調な食事になりやすい。
    駅から遠いため不便。(生活用品すら買うのが難しいなど)
    自転車や車の保有は困難だったりする。
    住み込みの仕事が有ったとしてもそれが快適な物だとは到底期待しにくい。

    仕事内容がキツく住む場所が不快な所だと急激にストレスが溜まる。結果長続きせず短期間でやめることに。
    請負だと勤務地たらいまわしになる人も居たりする。
    住み込み可能な仕事をするくらいなら安いアパートでも探して自分で契約して仕事をした方が何倍も健全に仕事に就くことが出来るといえる。

    共同暮らしの困難さに拍車

    住み込みの仕事に応募する人の年齢や個性は実に様々過ぎる上に、癖が悪い意味でも強い人が多く、共同生活がまともに出来ると期待する方が無理が有る。
    最初から容易な生活を期待すると現実に失望する可能性はかなり高い。

      問題が多い人が集まる住み込みの仕事の従業員
      転職してくる前の仕事も全く異業種から流れてくる人も多い。

    1. 中卒の人・高校中退の人(各地から)
    2. 借金がある人
    3. 無職で家を追い出された人等
    4. とにかくトラブルメーカーが多いことが挙げられる。

    さすがに一般的な問題行動を起こせば退去・退職などになるが、それらと生活するストレスは想像を超えるものが有る。

    住み込み仕事とトラブルの懸念になる要素
    • 年齢層によるズレ
      年齢が高い⇒落ち着きは有っても愚痴・生活習慣の差上から目線等
      若い人が多い⇒ヤンチャ・衝突など問題が起きやすい
    • 男女比による差
      男性が多い職場・仕事場か
      女性が多い場所なのかでも異なってくる。
      男性過多⇒ギャンブル・シモネタ話題が必然と大くなる。
      女性過多⇒人間関係のギクシャク。一見して分かりにくい要素でトラブルの火種になりやすく快適に過ごすのはハードルが高い。関係ない要素で仕事に影響を与えかねないのもネック

    住み込み仕事のメリット

    渋谷の玉川通り
    住み込み可能な仕事で条件次第ではメリットに感じられることがある条件が存在していることも有る。
    完全に募集先の仕事による、当たりはずれの運が左右する。

    • 職場に近い
    • 住む場所を自分で用意しなくて済む事。寝具・家電などが用意されていることが多い。
    • 給与の前払い制度が用意されている所も有る。日払い・週払い等
    • 寮費無料または格安(反対に割高な所も)
    • 食事付きや食事補助など
    • 現地までの赴任交通費支給(都道府県が異なる場所でも立て替えてくれたりする。あるいは切符配給)
    • ただしすべての仕事がこの条件に合致することは殆どない。

    勤務開始までに知っておきたいこと

  • 勤務開始日:即仕事があるか?
  • 赴任日:即勤務地・勤務先に赴任することが可能か?
    事前の準備は徹底的に行いたい場合ややるべきことが有る場合(雇用保険の受給手続き他各種)など。
  • 勤務時間:シフト制か?勤務時間の詳細。
    シフト制だと若い人ならまだしも年齢とるとつらくなる。
  • 住む場所から勤務先までの通勤時間はどの程度かかるのか?
    住み込み募集の仕事で通勤1時間とかかかるようであればデメリットでしかない。
  • 住み込み先の周辺環境
    現在ではGoogle MAP等の地図サービスで、実際にその場に行かなくてもコンビニの有無などが分かることと
    周辺の写真は調べることが出来るため下準備が可能だ。
    もしも郊外な辺ぴな土地だったりするかも判明するため一つの判断材料にできる。
  • 正社員で住み込みの仕事

    近年では社宅などは減らす方向性が強い為、正社員求人で住み込み可という求人は圧倒的に少ない。
    いまだにあるものと言えば短期間契約の仕事がメインだろう。

    リゾートバイト

    地方のリゾート地のバイトは旬の季節のみの仕事に限定される。
    リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場等の職場。
    住む・働く先の条件さえ合致すればよいが
    仕事探しのハードルとしては見えにくい要素が多い。
    貯金するならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

    夕焼けで沈む太陽
    その他
    18歳未満は住込みの仕事はNG。18歳未満だと知って住み込みで仕事をさせていたことが知れれば雇い主が罰せられる。
    18歳未満の就労時間22時の勤務までに関すること|アルバイトなどの就労 仕事

    住み込みの仕事に過度な期待は禁物。
    大抵理想の何倍も悪条件の仕事が過半数だ。
    10件に1件でも条件が良い仕事があれは「当たり」と思った方が良い。
    普通に年中募集している仕事先は、定着率が悪く離職率が高い職場⇒悪い条件だと理解しなくてはならない。
    他の人が甘いのではなく、たいてい勤務先・就労条件に悪い要素が有ることが見えないだけのものが殆どだ。
    雇い主は自分にとって都合が悪い条件は進んで開示することはないため、十分に吟味が必要。

    古い建物