コミュニティ経営とは
コミュニティ(英語:community)と経営(management)は、経営していく上でのコミュニケーションや共同体(働く人人)を拡大させていく時に用いられる言葉。

スポンサード リンク


個人経営の店舗規模が最もスモールなサイズですが、会社の規模が大きくなっていけばいくほど、グループ化、傘下と拡大していくほど、コミュニティ経営をどういう姿で運用すべきなのは考える必要性が大きくなります。

チームとして働く規模が最も小さなコミュニティーで、部署、や課、工場、単位でコミュニティーの大きさや規模や情報交換も異なってきます。

現場と経営者とのコミュニティーの解消など。
支点があるような経営形態だと、指示が行き届かなかったり現場の問題や改善点が見えにくい事が考えられます。

顧客のコミュニティー

最近では食べログや価格.com アマゾンなどといった、購入者同士で他者の情報を閲覧する事でコミュニケーションが行われている事例があります。実際に商品やサービスを利用する前の人も目にするため、ネガティブな情報が積もると、マイナスイメージの回復はハードルが高くなります。
インターネットの普及が当たり前のものになり、企業側からすると、従来の売り上げには対して影響を及ぼす事がなかった物ですが、最近では写真や動画など様々な情報が飛び交い、混入や、クレーム対応に間違うと一瞬で会社を傾かすような事例も出てきています。
口コミだとか、ソーシャルメディアの書きこみは一度炎上すると掲示板だけの書き込みもよりも相当の波及力として影響を与える可能性が存在しています。


I/51zbzTxmxzL._SL500_.jpg” alt=”まちづくりの「経営力」養成講座” align=”right” border=”0″ />

まちづくりの「経営力」養成講座

原因と結果から問題を見極める論理的思考、価値あるサービス・商品を作るための戦略、事業に適した“人が活きる”組織づくり、収益を上げ、適切に投資する事業会計。
計画を着実に実行するプロジェクト・マネジメント。
「補助金頼み」「ボランティア任せ」「イベントばかり」の活動から抜け出し、継続して成果を出せる事業にするための考え方がわかる。

  • 著者: 木下 斉
  • 出版社: 学陽書房
  • 発行日:2009-10
  • まちづくりの「経営力」養成講座


    I/412YzEenoDL._SL300_.jpg” alt=”コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる” align=”right” border=”0″ />

    コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる

  • 著者: 山崎 亮
  • 出版社: 学芸出版社
  • 発行日:2011-04-22


  • コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる