クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を受けたり発注することが出来るサービス。
WEB上のサービス「クラウド」と、「ソーシング」を組み合わせた単語だ。

在宅ワークをインターネットで引き受けることができるサービスと考えると良い
ライター・プロクラム・WEBデザイン・デザイン業務翻訳等、
多様な仕事の案件がある。

スポンサード リンク

日本のクラウドソーシング

類似のクラウドソーシングサービスは年々増えており、その数は多方面にわたる。
時間を売買するサービスなども登場している。

受ける側のメリット

  • インターネット上で完結できる。
  • 在宅で勤務可能。
  • 好きな時間に働ける。
  • 受ける人のデメリット

    • 人との交流が無い。
      普段のコミュニケーションが欲しい人には在宅で仕事をすることが向いていないといえる。
    • 斬新な業務に取り組むことは難しい。
      既存の知識・スキルが仕事につながるため、斬新な業務に取り掛かるには難易度が高い。

    発注する人のメリット

    人を多様な人の中から選ぶことができる。
    受けてくれる人を探しやすい。
    アルバイトを雇うよりも人件費を抑えることが出来る。(短期の仕事ののみの発注が可能)

    発注する人のデメリット

    業務をスムーズにこなしてくれる人なのかが過去の評価などからしか推測できない。
    満足が行く納品かは発注しないとわからない。
    長い事付き合い続けないと信頼は気づけない。

    発注する側も受ける側も根気が居る

    クラウドソーシングは簡単に発注できたり、受けることはできますが中には無責任な人もいるようだ。
    納期や仕事の内容はきっちりと納めないといけないし、
    発注するがわも適当な指示は出来ない。
    クラウドソーシングを旨く使いこなせれば、
    自由に、海外に居てもインターネットさえつながっていれば日本の仕事を発注したり、受けることができ
    仕事を任せたり、仕事を受けて報酬を受けることができる。
    クラウドソーシングを有効に生かすことができれば
    どこにいても、働くことが可能だと言えます。

    しかしながら、業務の内容によっては、過去の実績や信頼性が物を言う実力勝負の仕事ですので、
    クラウドソーシングだけで旨く稼ぐことができるかどうかというのは今後の流れ次第です。

    今後のクラウドソーシングに可能性はあるのか?

    プログラマやイラスト作成、文章のライターなどでクラウドソーシングでは無茶苦茶な価格設定の報酬で募集している事例が多数見受けられる。
    現に仕事が欲しい人は安い報酬でも飛びつくという面は存在する。
    買い叩かれてもその報酬で仕事を受けていたら一向に収入が上がることがなくなるだけでなく
    アウトソーシングの市場自体が劣悪なものになってしまわないか危惧してしまう。
    理想としてはクラウドソーシングに依存しなくても1:1で仕事を請け負えて循環できるようになれば一番よいのですが、個人事業主として開始したばかりの人には、新規開拓にはうってつけのサービスなのでしょう。

    空いた時の求人