平均年収300万円世代が増えている今の日本。
結婚できない非正規雇用の世帯だと年収200万円代のまま人生が終わる可能性が高まっている。

ここでは月収100万円稼ぐにはどうすれば良いのか?
このことについて解説します。

スポンサード リンク

月収

最初に日本人の平均年収を年齢から考えてみる。

  • 40代前半平均年収570万円程度(一部では年収300万円代が増加している)
  • 50代でも少し上がる程度
  • 570万円÷12=47万円程度
    ボーナスなど込みの年収ではありますが大体の月換算の収入目安として。

1ヶ月あたりで50万円程度は稼げることになる。
月収100万という金額は、この二倍だ。
二人分の仕事量と報酬が無いと無理であるがそれは物理的に不可能であり、
より年収が高い職業に就くか、新しいことを始めないと月に100万円は稼ぐ事が出来ない。
日本の年収と割合

就職

学生なのであれば可能性は大きい。
今後の可能性は中年世代よりは無限大にある。
就職も、起業も、ベンチャーで一発ねらうのも、40代よりは可能性が有る。
しかしながら学生からのスタートでもサラリーマンになってしまうと天井は既に見えているし、
今後の業績悪化などで倒産する可能性もゼロではないため、よっぽどの選択肢を選ばない限りは困難。
日本は海外と比較しても年収そのものは低くはない。
しかしながら特定の職業に関して欧米と比較すると明らかに分が悪い仕事もある。
これらのことも踏まえて、もしも仕事を会社員やフリーランスで行う場合には、日本のままで良いのかも一度頭に入れておくべきなのかもしれない。

  • 【若者正社員チャレンジ】 脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦
  • 40代でも年収300万円代の日本。40代で平均年収アップは可能か?
  • 転職

    既存の仕事についている人が報酬アップするために考えなければいけないことは転職だ。
    今いる環境で昇進したり役職について高額報酬を得るチャンスはそんなに極端に変わる可能性は無い。
    転職成功事例は今の職場・地位・スキルが物を言う。

    • 反対にフリーターだと不利
    • 年齢も高くなるほどハードルは高い。

    社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】
    しゅふクリ・ママクリ

    起業

    経験なし・能力やスキル無で一発当てるには起業だと考える人は多い。
    独立しても成功するのはほんの一握り。
    負債だけが残るような事業すると目も当てられない。
    ローリスクのスタイルで起業できない仕事であればやめておけと思う。
    フランチャイズなどでもまともな会社で、がんばれば月収100万は無理ではないのかもしれませんが、相応の苦労とリスクは含んでいるものが多い。
    フランチャイズの問題

    月に100万円

    月収100万円以上の収入を得るためには、普通に会社員や公務員として働いている分にはまず不可能だろう。
    月に100万円の収入は、年間1000万円超えの収入であることからも、数パーセントの人しかいない。
    日本の会社でみても、平均年収が1000万円超えなのは上位50社程度しかないだ。(平均年収だと上下ブレはあるのでしょうけども)
    目立つ業種は、情報通信系か、医薬品といった職業。
    年収2000万円稼ぐには