昔の友人関係が役に絶たない点は、
今の付き合いの中の人間の優位性が変化することが大きい。
遠くの親戚よりも近くの他人というように、身近な人の方が優先度が高いのだ。

友達

  1. 小学校
  2. 中学校
  3. 高校
  4. 大学・専門学校
  5. 就職(社会に出た後) 会社・転職や独立するなどでも付き合いは大きく変化する。

これらの段階で付き合う人は大きく変化する。
転校などでも人付きあいの輪が変わるように所属する場所が変わるだけで1日に合う人というのは大きく変化する。
むしろ変わらないものの方が少なく
親兄弟ですら家から出れば会う機会は減るし
自分で世帯をもつようになると目まぐるしく変化する。
Facebookで友達整理方法

今の友達

現在の関係性があること。
これは現在の生活に影響を与える度合いが強い人間関係だ。
普段合わない人よりも普段接するひとの方が重要度は必然と高くなる。
個人事業主を40代から開始するには|独立

昔の友達

今現在の職とか役に立たない
昔の思い出しか共感する要素が無い
ぷろたん日記のネタ動画が酷いw『友達が本気で「Youtuberになりたい。」』ユーチューバー

成人したあとは人間付き合いが変わる

大人になると、1年に一回も会うことが亡くなる
会社ですら勤務先を変えると付き合う人が変わる。
地方だと友達関係は深刻⇒都市部に出た方が良い。
当巨都内が実家だと大阪や別の区に住むなど。
貧困化の特徴 将来的には激化する恐れ有り

嫌いな人は影響がない

いじめっ子とか
憎い友人もとい同級生が居たとしても、そういう人が自分にとって影響力が大きいとは言えない

灰色と黒のチェック柄プリーツスカート
灰色と黒のチェック柄プリーツスカート

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない|アニメ・劇場版